モード史を学ぶマストブック10冊

ヴィヴィアン・ウェストウッド:20世紀では挑発的デザイナー

ヴィヴィアン・ウェストウッド 人物と企業
この記事は約6分で読めます。

ヴィヴィアン・ウェストウッド(Vivienne Westwood)は1941年にイギリスのダービーシャー州に生まれたファッション・デザイナー。

教職の道を志しましたが、後にパンク・ロックのバンド「セックス・ピストルズ」をプロデュースするマルコム・マクラーレンと知り合い、影響を受けます。

1970年代:開業

この時代は公式サイトで「430 Kings Road」と記されています。1971年、ヴィヴィアンはマルコムとともにロンドンのキングス・ロード430番地で「レット・イット・ロック」という伝説的なブティックを開店しました。

衣装にはパンク・ロック、ヒッピー、ストリート・ファッションなどを取り入れました。たとえば、ボンデージ・ルックや鳥の骨が鎖で取り付けられたTシャツなど、エキセントリックで挑発的な作品が多いです。これを機に、ロック・ミュージシャンを中心に顧客が広がり、ロンドンの若者たちの熱狂的な支持を得ました。

‘We Play Rock & Roll’ – Lemmy Kilmister RIP

1970年代半ばのパンク・ロックの出現とともに「トゥ・ファスト・トゥ・リブ・トゥ・ヤング・トゥ・ダイ」(1972年)、「セックス」(1974年)、「セディショナリーズ」(1976年)といった名の過激な新作を続々と発表し、ロンドンのパンク・シーンをリードします。新作発表に合わせて、必ず店名や内装を変えたことが有名です。

1980年代:マルコムからの独立

この時代は公式サイトで主に「初期」(The early years)と記されています。1981年にマルコム・マクラーレンから独立し、店名を「ワールズ・エンド」に変更。現在でもキング・スロード430番街の店名はこのままです。

同1981年ロンドンでの初コレクションでは、パイレーツ・ルックを発表して「アヴァンギャルドの女王」と称され反響を呼びました。その後のボロ・ルックなども含め、アンチ・モードの旗手として活躍(同じようなスタンスに川久保玲や山本耀司ら)。

1982年にパリへ進出し、1986年にコレクションを発表。1984年秋にジャンフランコ・フェレカルバン・クラインクロード・モンタナ森英恵の4名とともに、「ザ・ベスト・オブ・ファイブ」という東京のアウォードに選ばれ、コレクションを発表しました。

この頃にはパンク・ロックは退潮し、ヴィヴィアン・ウェストウッドの作品はゴージャスさを増します。また伝統への回帰がみられるようにもなりました。作風は伝統的なブリティッシュ感覚や歴史服をヒントにしながら、旧来の用法や意味を修正するような前衛的なものが多くありました。

1986年春夏の人形ルック(ロリータベビー・ドールがテーマ)、ミニクリ(ルダンゴトの下からミニのクリノリンを穿かせた)、1987~1988年秋冬のパニエ、1990年代初めの厚底靴(プラットフォーム・シューズ)などが代表例です。1990年代の作風にはユニセックスというテーマもみられました。

1990年代

1988年から1992年までの期間は公式サイトで「快楽主義の時代」(The Pagan Years)、1993年から1999年までは「アングロマニア」(Anglomania)と記されています。

1991年1月、クリスチャン・ラクロワ、アイザック・ミザリ、フランコ・モスキーノとともに、ファッション・サミットへ参加。再び東京でコレクションを発表しました。

ペニス・シューズ:ヴィヴィアン・ウェストウッド 1995年
ペニス・シューズ(男根靴)は1995年にヴィヴィアン・ウェストウッドによって設計されました。この靴は12世紀の男性と女性が着用した長くて尖ったプーレーヌを茶化したものですが、話題性に引きずられるだけの安直過ぎるパロディーです。

1996年からはミラノ・コレクションに参加。同年9月に日本初の旗艦店「ヴィヴィアン・ウエストウッド東京」を日比谷にオープン。

1999年にニューヨークで、プレス・ショールーム兼用の旗艦店をオープン。以後、旗艦店は2001年にモスクワ・韓国・ミラノと、続々開店することとなります。

2000年以降

2000年以降は公式サイトで「冒険」(Exploration)と記されています。

現在、ヴィヴィアン・ウエストウッドには、パリで発表される「ゴールドレーベル」、プレタ・ポルテの「レッドレーベル」、カジュアル・ラインの「アングロマニア」、メンズ・ライン「マン」、フレグランス「ブードワール」、2001年1月発表の「リバティン」などがあります。

受賞・キャリアなど

  • 1990年・1991年「ブリティッシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」の最優秀デザイナーに選出。
  • 1992年大英帝国勲章受賞。
  • 1989~1991年ウィーン応用美術学院教授を務める(ファッション専攻)。
  • 1993年以降はベルリン芸術大学教授(ファッション専攻)。

関連リンク

  • Vivienne Westwood | Official Website – ヴィヴィアン・ウェストウッドの公式サイト。最新デザイナーズ・コレクション、メンズ・ウェア、ウィメンズ・ウェア、アクセサリーなどの最新情報とオンライン・ショップ。

関連図書

Vivienne Westwood

パンクの初期から最新コレクションまで、ヴィヴィアンのアイデアのもったダイナミズムや影響を伝えた伝記です。1970年代以降のファッション、音楽とアートに大きな影響を与えてきた想像力豊かで素晴らしい作品を300点以上の画像で楽しめます。

Claire Wilcox, Vivienne Westwood (Va), Victoria & Albert Museum, 2005

Vivienne Westwood (Va)
Vivienne Westwood (Va)

Vivienne Westwood

ヴィヴィアンが伝記作家イアンケリーとコラボして、並外れた人生を形作った出来事・人々・考え方を述べたプライベートな回顧録です。彼女の独特の語り、思いがけない視点、情熱的な誠実さを余すことなく描いています。

Vivienne Westwood & Ian Kelly, Vivienne Westwood, English Edition), Kindle版, Picador; Reprints版, 2014

Vivienne Westwood (English Edition)
Vivienne Westwood is one of the icons of our age. Fashion designer, activist, co-creator of punk, global brand and grandmother; a true living legend. Her career...

Get a life

ヴィヴィアンのオンライン日記です。2010年に、ネイティブアメリカンの活動家レナード・ペルティエに関する熱い投稿をしました。それ以来、彼女は毎月2~3点の記事を書いて、ファッションと人生、芸術、政治、環境との関わりを論じてきました。

Vivienne Westwood, Get a Life: The Diaries of Vivienne Westwood, English Edition, Kindle版, Serpent’s Tail; Main版, 2016

Get a Life: The Diaries of Vivienne Westwood (English Edition)
Vivienne Westwood began Get A Life, her online diary, in 2010 with an impassioned post about Native American activist Leonard Peltier. Since then, she has writt...

コメント

footer-insert.php