Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スタイル用語集 : 1日1個 平日配信
新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

トランスペアレント : シースルーと同義

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トランスペアレント : transparent

トランスペアレント : 「透明、透かし、透かし絵」の意味でファッション用語では≪透ける衣服≫のことです。シースルー See Through と同義。オーガンジー、ボイル、モスリン、ローン、シフォン、レース、目の粗いニットなどの透ける素材や、それらを使った身体を透かして見せる衣服。

呼称のダサかった1960年代頃は「透視ルック」「透け透けルック」「スケスケ・ルック」などと呼ばれました。近年ではファッション要素の一つとして愛用されています。

https://amzn.to/2R9U8Uo

トランスペアレント・カラーといえば透明色のことです。また、はめ込まれた透けるアイテムはトランスペアレント・インセットといいます。

略史

単に「透ける」というファッションなら古代エジプトなどで見られますし、1930年代以降に開発されたナイロン・ストッキングなど、デニール数の小さいものはだいたい透けます。

フランス革命の時には、それまでの慣習やモラル、礼節を打破する動きの中で、厚地の絹の紋織りドレスの代わりに、木綿の薄い透けるモスリンのドレスが流行しました。

有名なのはタリアン夫人(1773~1835年)という美人のエピソード。彼女は靴下留めの色が見分けられるほど薄い綿チュールのドレスを着てチュイルリー公園を散歩したそうです。他にも、ダヴィッドが描くレカミエ夫人の肖像画でも、清楚なエンパイア・ドレスの白いモスリンからは、ピンク色をした乳首が見えます。

1960年代のシースルー・ルック

このような歴史古い「透けるファッション」をシースルー・ルックとして打ち出したのが、1960年代後半のフランスのデザイナーたちです。なかでも、1968年にドレスでセンセーションを巻き起こしたイヴ・サンローランが有名。彼の発表したドレスでは、ブラジャーなしの胸、胴部、腕が透けて見えるシフォンが用いられました。以後、1960~1970年代の性革命を代表するファッションの一つとなりました。皮肉にも1968年は5月革命の年。

その後、1972年のアンドレ・クレージュが続きます。そのため世界初のシースルーがそこに誕生したように思いがちですが、20世紀前半にも無名のシースルーのドレスが中国にあっただろうと考えられます。他地域でも確認できるかもしれません。

トランスペアレント : アンドレ・クレージュ制作のシースルー・シャツを着るギニア・リンドブラッド(ピーター・ナップ撮影)。

アンドレ・クレージュ制作のシースルー・シャツを着るギニア・リンドブラッド(ピーター・ナップ撮影)。Gunilla Lindblad on André Courrèges, Photo: Peter Knapp via Gunilla Lindblad on André Courrèges – Vogue

1990年頃のシースルー・ルック

1989年春夏コレクションでは、再び透けるファッションが話題となりました。ロメオ・ジリ、クロード・モンタナ、コム・デ・ギャルソンなど。しかし、その背景には反体制という意味合いは薄まっており、布の軽やかさ、軽快さ、重ねられた素材や色の効果といった点がポイントになっています。フランス革命や5月革命の状況とは異なり、ファッションの一般的循環の一つになっています。

関連リンク

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

footer-insert.php