トム・フォード : Tom Ford

シェアする

広告

トム・フォード

トム・フォード Tom Ford は、1962年にアメリカのテキサス州で生まれたファッション・デザイナー。グッチを破綻の淵から救い、世界3位のブランドに育て上げた元モデル。

パーソンズ・スクール・オブ・デザインでインテリアの建築学を研究。卒業した1986年以降、ペリー・エリスとキャシー・ハードウィックのもとで働き、90年にグッチのレディース・ウェアのデザインスタッフに参加。女性の既製服のチーフ・デザイナー、および、デザイン・ディレクターとして、当時グッチのクリエイティブ・ディレクターであったドーン・メローにより採用された。

さらに、1994年にグッチが、バーレーン拠点の投資会社によって買収されたとき、トム・フォードは、同ブランドのクリエイティブ・ディレクターに就任した。このとき、彼のパートナー、ジャーナリストのリチャード・バックリーと一緒にミラノに赴任している。フォードは、グッチの威信を取り戻すために、ホルストン・スタイルのベルベット、細身のサテンのシャツなどのファッションの導入に帆走。95年には、フランス人作家 Carine Roitfeld と写真家 Mario Testino を広告キャンペーンに勧誘し成功。ほとんど破産だったグッチ家の財産は、99年までに43億ドルの評価を得るまで成長させた。グッチの最高経営責任者(CEO)であるドメニコ・デ・ソーレとともに、グッチを破たんの淵から救い世界3位のブランドに育て上げた立役者といわれる所以である。

トム・フォードの躍進は止まらず、2000年には、ニューヨークで初めて催されたVH1放送のヴォーグ・ファッション賞で、最高国際デザイナーに輝く。グッチがイブサンローランの企業支配権を買収した後、2001年春夏コレクション以降は、サン・ローランのプレタポルテ部門であるイヴ・サン・ローラン・リヴ・ゴーシュのクリエイティブ・ディレクターも兼任。ここにトム・フォードは、グッチとサン・ローランの2つのブランドを並立させることとなった。また、サン・ローランが2002年1月にオート・クチュール部門から引退したのを受け、両部門を担当。

2つのブランドを操るトム・フォードは、両ブランドにたいする彼自身のイメージを『ヴォーグ』イギリス版の2001年2月号で次のように述べている。「歴史的にみて、グッチはソフィア・ロレーンであり、イヴ・サン・ローランはカトリーヌ・ドヌーブだ。そして、彼女たちは、ともにセクシーだよ」。また、両者のブランドの違いについては、いささか例が単純だが、こう述べている。「グッチはサン・ローランより、少しだけ分かりやすいんだ。イヴ・サン・ローランという女性は、セックスする前に自分のボーイフレンドを強く抱きしめ熱い密を垂らすが、グッチという女性は、既にセックスを始めているんだよ。」

2003年秋に報道されたトム・フォード退任の知らせは、モード界で一番のネタとなった。完全な自主性を求めていたデ・ソーレCEOとトム・フォードというファッション界の「ドリーム・チーム」は、契約の更新をめぐり、親会社の仏ピノー・プランタン・ルドゥート(PPR)と折り合いがつかず、PPRがグッチを完全子会社化するとされている2004年4月30日付で二人はともに退陣する予定。既に、PPR側は、トム・フォードの後任に2人のデザイナーを雇う方針を明らかにしている。フォードがグッチと、PPR傘下のイヴ・サンローラン(YSL)双方のデザインを希望していたことが、この対立ポイントであった、と考えられている。

トム・フォードの作品は、黒を基調に、ロマンチック、セクシー、力強さ、リラックスさなどが特徴的。また、馬具にヒントをえた、緑・赤・緑のライン(ウェビングライン)を用いたり、GGを表面に鞣したジャガードのバッグ、全て手づくりのバンブーバッグなど、多数のヒット商品が生み出されている。

フォードのスタイルには、ビアンカ・ジャガー、マドンナ、トルーディ・スタイラーらがいる。また、ファッションモデルの仕事を「世界で最も厳しい仕事という彼自身は、キャロライン・リベイロの大ファンである。