新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

もめん縞のシャツドレス ルリ・落合 : 婦人画報1974年04月号

もめん縞のシャツドレス : 婦人画報1974年04月号。カメラは芝崎俊雄、デザインはルリ・落合(落合ルリ)、ヘアスタイルは宮崎美容室。 モード写真集
もめん縞のシャツドレス : 婦人画報1974年04月号。カメラは芝崎俊雄、デザインはルリ・落合(落合ルリ)、ヘアスタイルは宮崎美容室。
スポンサーリンク

もめん縞のシャツドレス ルリ・落合 : 婦人画報1974年04月号

もめん縞のシャツドレス : このページでは「婦人画報」1974年04月号(136頁~139頁)に掲載された木綿縞のシャツドレスを紹介しています。特集は「東洋紡コットン・コレクション」、カメラは芝崎俊雄、デザインはルリ・落合(落合ルリ)、ヘアスタイルは宮崎美容室によります。文章は現代文に訳してまとめています。

縞は先染の代表的な一つです。古くから着物地の唐桟縞のような土臭い配色の縞をシャツ・ドレスにしました。縞柄は捻ったデザインよりも、そのままさらりと使うのが縞の味を活かせられます。

もめん縞のシャツドレス : 婦人画報1974年04月号。カメラは芝崎俊雄、デザインはルリ・落合(落合ルリ)、ヘアスタイルは宮崎美容室。

もめん縞のシャツドレス : 婦人画報1974年04月号。カメラは芝崎俊雄、デザインはルリ・落合(落合ルリ)、ヘアスタイルは宮崎美容室。

上の作品は、シャツ身頃で横に、プリーツ・スカートで縦に縞を畳みました。濃い色を隠してあります。生地はレノ・サテン・ストライプ、東洋紡 レナウン・ファブリック製です。

もめん縞のシャツドレス : 婦人画報1974年04月号。カメラは芝崎俊雄、デザインはルリ・落合(落合ルリ)、ヘアスタイルは宮崎美容室。

もめん縞のシャツドレス : 婦人画報1974年04月号。カメラは芝崎俊雄、デザインはルリ・落合(落合ルリ)、ヘアスタイルは宮崎美容室。

上の作品は古風な配色です。高い衿のシャツに革ベルトを締めます。生地名はレジメンタル・サッカー、東洋紡 レナウン・ファブリック製です。サッカー地は「サッカーとは」をご参照ください。

もめん縞のシャツドレス : 婦人画報1974年04月号。カメラは芝崎俊雄、デザインはルリ・落合(落合ルリ)、ヘアスタイルは宮崎美容室。

もめん縞のシャツドレス : 婦人画報1974年04月号。カメラは芝崎俊雄、デザインはルリ・落合(落合ルリ)、ヘアスタイルは宮崎美容室。

このシーズンの基本はベージュ色。その中にドットを織り出し、白色と合わせたのは大人の感覚。大きなパフ・スリーブも女性らしさを表現します。生地はドット・バラエティ・ストライプ、東洋紡 レナウン・ファブリック製です。

もめん縞のシャツドレス : 婦人画報1974年04月号。カメラは芝崎俊雄、デザインはルリ・落合(落合ルリ)、ヘアスタイルは宮崎美容室。

もめん縞のシャツドレス : 婦人画報1974年04月号。カメラは芝崎俊雄、デザインはルリ・落合(落合ルリ)、ヘアスタイルは宮崎美容室。

縞に刺繍を施した、リボンのように手の込んだ柄。細長く仕立てた衿は首に沿って立てて着るのが粋な着こなし。生地はジオメトリック・ドビー・ストライプ、東洋紡 レナウン・ファブリック製です。

作品批評

ルリ落合のデザインは大胆な配色を特徴としますが、今回の一連の作品は濃い色を隠したり逆に強調したり、綿生地の縞柄を洋服に活かしたものです。

1点目と3点目は上衣部分と下衣部分とで縞の方向を変えています。2点目と4点目は同じ方向で上下に。やはり工夫を感じるのは1点目と3点目で、あっさりした感じに仕上がっています。

4点とも衿を折り返しにして大きく作っています。これらの作品に使われているやや地味な色の縞柄でも意外に目立ちます。通常の衿幅だと、身頃から真上に上がってくる縞(1点目を除く)に衿の縞が勝てません。つまり衿の存在感がかなり貧弱になるので、これくらい大きくしたのかと思います。

関連リンク

婦人画報の関連リンク

  • 婦人画報のおかいもの - 婦人画報が運営するお取り寄せ通販サイト。スイーツ・グルメ・ギフトをはじめご自宅用におすすめのお取り寄せ品も婦人画報編集部が厳選。
  • 婦人画報 : ハースト婦人画報社 - 歴史ある婦人誌として日本女性をリードし続けてきた婦人画報は、美しいビジュアルと高いクオリティの情報とともに、「衣・食・住」すべてのカテゴリーにおいて、”日本のよきヒト・モノ・コト”をお届けいたします。
婦人画報
1905年の創刊から、長い年月をかけて日本文化の継承と女性の豊かな生活を提唱し続けています。歴史ある婦人誌として日本女性をリードし続けてきた婦人画報は、美しいビジュアルと高いクオリティの情報とともに、「衣・食・住」すべてのカテゴリーにおいて、”日本のよきヒト・モノ・コト”をお届けいたします。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php