Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ポーリン・トリジェール : Pauline Trigère

シェアする

広告

ポーリン・トリジェール : Pauline Trigère

ポーリン・トリジェール : 1910年頃、フランスのパリ市に生まれたファッション・デザイナーです。ニューヨークを拠点にベン・ガーシェル社やハッティ・カーネギー社に勤めた後、1942年に独立創業しました。生年には1908年・1909年・1912年があります。

ポーリン・トリジェール : フランセスコ・スカヴロ撮影。

ポーリン・トリジェールの肖像写真 : フランセスコ・スカヴロ撮影。Pauline Trigère. Photo by Francesco Scavullo. via Fashion Flashback: Pauline Trigere

経歴

仕立屋(テーラー)を営む父を手伝って裁縫技術を覚えました。パリ市のビクトル・ユーゴー・カレッジを修了してから、父の店でもっぱらカッティングとフィッティングの修業を積みました。特にデザイナーのアーノルドから布地のドレーピングの基礎を学びました。その間、同僚・知人たちとドレス、コート、スーツの卸売会社を設立して成功。1932年に家族とともにニューヨークへ移住しました(1937年説あり)。

仕事に対して夫がほとんど理解を示さなかったためトリジェール は在米の意味に悩んでいました。そこに、元同僚のアディール・シンプソンがアメリカに留まることを説得し、トリジェールはベン・ガーシェル(Ben Gershel)社に勤務しました。その後、ハッティ・カーネギー(Hattie Carnegie)社に移ってトラヴィス・バントン(Travis Banton)と一緒に仕事をしました。

創業

トリジェールは1942年にニューヨーク市で独立しました。当初は少数の職工を雇っていましたが2年後に増築。その後、よくある多角経営で、香水・スカーフ・ネクタイ・サングラス・毛皮・宝飾品などの部門を展開し、ファッション商品をトータライズしていきました。

こだわりや作風

彼女は生地を選ぶ眼が非常に厳しく、デザイン画や型紙は一切作らずに頭脳に描いた構想に沿って生地を直接に裁ち、モデルや人台に着せつけて形を作りました。いわゆる立体裁断(ドレーピング)の技法は複雑で、独壇場の域に達したといわれます。仕上がったスーツやドレスはぴったり体になじみ、着やすさでも高く評価されました。ニーマン・マーカス賞(50年)、コティ・アメリカ・ファッション批評家賃を3度受賞(49年、51年、59年)しています。

一目惚れ

ワンピース・ドレスにコート、ポーリン・トリジェール作。

ワンピース・ドレスにコート、ポーリン・トリジェール作。via Designers through the Decades – Pauline Trigere

ワンピース・ドレスにコート。まず配色が可愛いです。コートは白地にピンク色を重ねたチェック、中のドレスは白色とピンク色の配分を逆転させて白中心に。

また、ワンピースの配色を使ったベルトでウェストを絞って、上身頃と下身頃にあえて皺を作ってギャザーにしている点が奇抜。あえて文句を付ければ、唇にはピンク色の口紅を塗るべきだったと思います。