Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スタイル用語集 : 1日1個 平日配信

ノーマン・ノレル : Norman Norell

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノーマン・ノレル : Norman Norell

ノーマン・ノレル : 1900年、アメリカのインディアナ州に生まれたファッション・デザイナーです。クレア・マッカーデルと同様、戦時中のアメリカにいち早くファッションの息吹を復活させたデザイナーでアメリカン・スタイルを確立しました。気まぐれな流行に左右されない格調の高い服作りを進めたことで「アメリカのバレンシアガ」とよばれました。

ノーマン・ノレル : Norman Norell

ノーマン・ノレル : Norman Norell via Norman Norell

ノレルの父親は男性服専門の雑貨店を経営していました。これが影響してノレルはデザイン学や美学に目覚めました。彼はより洗練されたシルエットとメンズ・ウェアの要素を好みました。1919年にニューヨークに出て、パーソンズ・スクール・オブ・デザインで絵を勉強し、ブルックリンのプラット・インスティテュートでコスチューム・デザインを学びました。

卒業後にパラマウント映画会社に勤務し、ルドルフ・ヴァレンチノやグロリア・スワンソンら無声映画の大御所たちの映画衣装・舞台衣装のデザインを担当しました。しばらくしてパラマウント社はハリウッドに移転し、彼はニューヨークに留まってハッティ・カーネギー(Hattie Carnegie)の店舗などで勤め、多くの有力なクライアントを抱えた衣装デザイナーとなりました。1941年にアンソニー・トレイナ(Anthony Traina)と共同経営で「トレイナ・ノレル」社を設立。

ノーマン・ノレル サブウェイ ウール 1942年 ミセス・セオドア・B・リンジー(1973年)

ノーマン・ノレル サブウェイ ウール 1942年 ミセス・セオドア・B・リンゼイ(1973年): Subway, Norman Norell, wool. Gift of Mrs. Theodore B. Lindsey, 1973. via Norman Norell | “Subway” | American | The Met

第2次世界大戦によってアメリカからフランスのファッションが切り離されると、ノレルの作品はすばやくギャップを埋めました。繊維の配給に悩まされなかったノレルは好きな1920年代を思い起こさせるスリムなドロップ・ウェストのシュミーズ・ドレスをデザインしました。1960年にトレイナが死亡してノレルは同社を買収し「ノーマン・ノレル」として経営を続けました。

作風は、細心な仕立てと簡潔なライン、シンプルで機能的だが超一流のエレガンス、などと言われます。代表的な作品にはローブ・ キュロット、メタリックな表面効果のあるイブニング・ ドレスなどが知られています。今日でもノーマン・ノレルの作品は、その信じられないほどの品質と古典的なデザインのため、人気のヴィンテージ作品です。

ミシェル・オバマの着るノーマン・ノレル。中古の黒色レース地のドレス(2010年12月)

ミシェル・オバマの着るノーマン・ノレル。中古の黒色レース地のドレス(2010年12月)via Michelle Obama: some of my favourite looks 2008-10 | Silk Path Diary

上の写真はアメリカ合衆国第44代大統領バラク・オバマの妻ミシェル・オバマの着るノーマン・ノレル。2010年12月にワシントンでのクリスマス・コンサートのために彼女はニューヨーク市マンハッタン区チェルシーのニューヨーク・ヴィンテージ(New York Vintage; 外部リンク)から取り寄せた中古の黒色レース地のドレスを着て昔の学校に行きました。 ファースト・レディーが公式イベントに1950年代のヴィンテージ・ドレスを着た初めての例です。

 

晩年、ノーマン・ノレルは成功したキャリアを通してパーソンズ・スクール・オブ・デザインで教えました。アメリカ服飾デザイナー協議会 The Council of Fashion Designers of America (外部リンク)の創設者でもあり会長を務めました。コティ・アメリカ・ファッション批評家賞を2回、ニーマン・マーカス賞を1回受賞しています。

私の一目惚れ

私はコントラスト(対照性)の強い作品が好きなので、ノーマン・ノレルというと1972年のイヴニング・ガウンです。

ノーマン・ノレル イヴニング・ガウン 1972年

ノーマン・ノレル イヴニング・ガウン 1972年 via Norman Norell  |  Colette Blog

スカートの裾へふんだんに毛を施して、縦ストライプと交差する点が大胆で豪華に感じました。上衣のセーターがとてもタイトで身体のラインそのもので、下体衣のスカートがAラインで身体線の見えない点と対照的です。白黒写真ですが、これはほぼそのまま受け取ってよく、セーターが黒色、スカートは白黒。ベルトは白色です。この太いベルトもゴージャスです。上位と下位のバランスがもろに黄金比となっている点も好きです。

English Summery : My love at first sight

I like works with strong contrast (contrasting), so Norman · Norel is the 1972 evening gown.

Applied plenty of hair to the hem of the skirt and felt bold and gorgeous at the point of intersection with the vertical stripe. The top sweater is very tight and the body line itself, the underwear skirt is in contrast to the invisible body line on the A line. Although it is a black and white photograph, this may be received almost as it is, the sweater is black, the skirt is black and white. The belt is white. This thick belt is also gorgeous. I also like the balance between the upper and lower is on golden ratio.

コメント 感想や質問をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

footer-insert.php