小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる

アイリーン・シャラフ:Irene Sharaff

この記事は約1分で読めます。

アイリーン・シャラフ(Irene Sharaff)は米国マサチューセッツ州ボストンに生まれたファッション・デザイナーです。

経歴

New York School of Fine and Applied Arts (現・パーソンズ美術大学)、The Art Students League of New York、Grande Chaumière in Paris で学びました。

劇場での彼女の最初の仕事は、ニューヨークにあるシヴィル・レパートリ・シアトル・カンパニー(Civic Repertory Theatre Company)で衣装デザイナーのアライン・バーンスタイン(Aline Bernstein)の補助をすることでした。

3年後、シャラフは1932年公開の映画「不思議の国のアリス」製作のために道具や衣装をデザインしました。それ以来、彼女は映画、演劇、ミュージカル、バレエ、テレビの衣装をデザインするようになりました。

彼女は劇場で経験を積んだことにより、ミュージカル映画を理想的に選び、彼女は舞台演劇とその映画版の両方で活躍した数少ないデザイナーの一人となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php