秋の行楽シーズンにおすすめの旅行バッグ特集

ギ・ラロッシュ:ディオール社3プリンスの一人

ギ・ラロッシュ Guy Laroche人物と企業
この記事は約4分で読めます。

ギ・ラロッシュ(Guy Laroche)は、1921年にフランスのボルドー近郊のラ・ロシェルの牧畜業の家に生まれたファッション・デザイナー。父はホテル経営者。

略歴

1949年から、パリでジャン・デセに師事。

その後クリスチャン・ディオールに勤務し、ピエール・カルダンイヴ・サンローランと並び「3プリンス」と呼ばれた。

1954年に渡米。ニューヨークの7番街で3年間、既製服の研究をしつつ、フリーランスとして活躍した。

ラロッシュは1957年に帰国し、初のコレクションを発表。同時に、フランクリン・ルーズベルト街で、オートクチュールのメゾンを開いた。

この頃のコレクションは、最初は、クリストバル・バレンシアガの影響を受けた作品が中心だったが、やがて、落ちついた若々しい服で人気を博した。

スポーティなテーラードスーツや、コートを中心にした作品が多い。

1961年、モンテーニュ通りに店舗を移転し、ブティック内にプレタ・ポルテのラインを発足。1966年には紳士服部門にも進出し、1967年、香水・美容部門を創設。

1972年、メンズ・スポーツウェア部門でオスカー賞を受賞。1

977年にクリスチャン・オジャールが他界してから、オジャール社のデザインや販売も手掛けました。

ギ・ラロッシュ スーツ 1970年 毛

ギ・ラロッシュ、スーツ、1970年、毛。 via Guy Laroche | Suit | French | The Met

ラロッシュ本人の最後のコレクションは1989年。

このとき、1985年に続く2度目のデ・ドール賞を受賞。氏の没後もブランドは継続された。アンジェロ・タルラッチなどを経て、1994年からは、ミッシェル・クランがデザインを担当している。

ギ・ラロッシュはクリストバル・バレンシアガの影響もあり、シンプルなカットを得意にし、スポーティで都会的なエレガンスの旗手として知られた。

「よい趣味は伝染するもので、その結果、その製品が高くなることはない」とは彼の言葉。創造性の豊かなデザイナーであり、抜け目のないビジネスマンでもあった。著名な顧客に、ポンピドゥ大統領夫人がいる。

おすすめ

緑と紫。

緑と紫。She wears:Dress – Guy Laroche, Coat – Boss, Bag – Valentino – Shoe Art Ioannou, Pumps – Shoe Art Ioannou, Sunglasses – Michael Kors, Tights – Trasparenze, ©Photos by Panos Konios via Redhead Illusion – Green and Purple!

Today in these photos I’m presenting you my all time favorite combination of colors. Green and purple! And what to say about this dress. I love it from the moment I saw it. Feminine and easy to wear it all day long!

And for such a rare color combination I think that these, unexpected for me, tights are the perfect match.

Redhead Illusion – Green and Purple!

モデルに惚れたのか、ドレスに惚れたのか区別が付きにくいのですが…。簡素なニット・ドレスにも関わらず蛇の鱗か孔雀の羽根を思わせる派手な表面は、簡素に見える緑色を派手にしています。

ミニドレスなので脚の露出が増える分、(モデルも言及しているように)ストッキングやタイツ、そして靴をドレスに相応しくするのが難しいです。このモデルはそれをクリアしています。また、ピンクのバッグとの組み合わせは良い配色です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php