モード史を学ぶマストブック10冊

ジョルジオ・ディ・サンタンジェロの経歴と作品

ジョルジオ・ディ・サンタンジェロの肖像写真です。 人物と企業
この記事は約2分で読めます。

ジョルジオ・ディ・サンタンジェロ(Giorgio di Sant’angelo)は、1939年にイタリアのフィレンツェに生まれ、アルゼンチンで育ったファッション・デザイナーです。

「サンタンジェロ・4U2」のブランドで高級婦人既製服を発表しました。博物館や劇場を使ったドラマティックなショーが有名。

アヴァンギャルドな手法のデザインで知られ、多様なデザイン経歴をもちます。

ジョルジオ・ディ・サンタンジェロの肖像写真です。

ジョルジオ・ディ・サンタンジェロ via The thousand inspirations of Giorgio Sant’Angelo | Wondernet Magazine

経歴

ジョルジオ・ディ・サンタンジェロは、19歳のときイタリアへ、次いでアメリカヘ渡ってウォルト・ディズニーのもとで漫画を描き、工業デザインも手がけました。

創業と展開

1964年にファッション界に身を投じ、家具やインテリア用品を含めた広範囲にわたるデザイン活動を開始しました。

1960年代後半にプラスチック・ジュエリーのデザインも始めます。初期の作品は、1968年に「ヴォーグ」誌で編集者ダイアナ・フリーランドによって紹介されました。

サンタンジェロの人気は、1980年代初頭の折衷主義やファンタジー主義の台頭によって衰えていきました。

彼は明るい色のシルクストレッチガーゼで包まれた、身体を意識したデザインで1980年代後半に一時的に人気を回復。それが次の作品、1988年・89年秋冬コレクションの羊毛・合成繊維製のドレスです(MET所蔵)。

コティ・アメリカ・ファッション批評家賞、コティ特別賞を受賞。

コメント

footer-insert.php