秋の行楽シーズンにおすすめの旅行バッグ特集

ロマンモード 春の結婚披露のおよばれに:婦人画報1974年4月号

写真批評
この記事は約3分で読めます。

この記事は「婦人画報」1974年4月号の28頁~31頁に掲載された「ロマンモード 春の結婚披露のおよばれに」特集の4点を紹介しています。デザインは中嶋弘子、撮影は秋山庄太郎。

この記事に限った事ではありませんが、やたらとカタカナが多くて、それでいて「ケミカル」だの「マテリアル」だのカタカナが古臭くて…。化学繊維の発達が背景にあるわけですが、ダサい。

カタカナ表記のうち「・」はあった方が親切な場合、補足しました。その場合に引用符号は付していません。

この頃の女性雑誌には「Roman Race」のように生地会社のスタンプが付けられることが多いです。これはフランス版ヴォーグなどでも確認できることです。

特集リード文

結婚披露のおよばれに、長いドレスを着る人たちが多くなりました。お祝いの席をいっそう優雅に、華やかにするためにうれしいことなのですが、披露宴の場所やまわりとの調和を心得た装いが、ほんとうのおしゃれだということを忘れずに。

特集リード文批評

「まわりとの調和」や「ほんとうのおしゃれ」という「俺知ってるで、お前ら知らんやろ」目線。

緑のドレス

「婦人画報」1974年4月号、28頁~31頁

リード文

繊細なチュール・レースのドレスと、衿と袖口にフリルとオーガンジーを重ねたジャケットは、ミセスのアンサンブル。

リード文批評

金茶のドレス

「婦人画報」1974年4月号、28頁~31頁

「婦人画報」1974年4月号、28頁~31頁

リード文

花柄のリバー・レースの身頃だけは同色のサテン。ウエストにグログラン・リボンをはめこみました。

リード文批評

特集リード文

とくに、若いお客さまの装いは、花嫁さんのお色直しよりも派手すぎたり、豪華すぎたりしないように注意するのがエチケットです。

ブルーのドレス

「婦人画報」1974年4月号、28頁~31頁

「婦人画報」1974年4月号、28頁~31頁

リード文

ウエストに同色のサテンのボウを結んだほっそリとしたシルエットはやはりケミカル・レースです。

リード文批評

ピンクのドレス

「婦人画報」1974年4月号、28頁~31頁

「婦人画報」1974年4月号、28頁~31頁

リード文

シフォン・ジョーゼットのやわらかいドレスの上に、あまい色調の花柄のケミカル・レースのボレロを重ねました。ヘア 堀部美容室

リード文批評

特集リード文

<おしゃれのすべてをおとどけします>レースは季節をとわず使われる優雅なマテリアルですが、とくに春から夏に、その美しさが発揮されます。今シーズンの”ロマン“は各種のレースを、色も柄も豊富にとりそろえて、ますます女らしい季節の装いに心をくばりました。

「婦人画報」関連:スポンサーリンク

婦人画報のお取り寄せ - 婦人画報が運営するお取り寄せ通販サイト。スイーツ・グルメ・ギフトをはじめご自宅用におすすめのお取り寄せ品も婦人画報編集部が厳選。
婦人画報 : ハースト婦人画報社 - 歴史ある婦人誌として日本女性をリードし続けてきた婦人画報は、美しいビジュアルと高いクオリティの情報とともに、「衣・食・住」すべてのカテゴリーにおいて、”日本のよきヒト・モノ・コト”をお届けいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php