訪問に便利なアンサンブル(鈴木宏子)

この記事は約2分で読めます。

訪問に便利なアンサンブル(鈴木宏子)

このページでは「婦人画報」1967年1月号、32頁・33頁に特集された「お正月の晴着」から「訪問に便利なアンサンブル」をご紹介しています。

撮影は藤井秀喜、デザインは鈴木宏子です。

特集リード文

ウール地のきれいな色をえらんでつくった晴れ着は、用途広く着られるように、ドレスに上衣をつけたものです。

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、32頁

赤いアンサンブル

赤いアンサンブル

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、32頁。

リード文

節織のように布の表面に太糸を織りだした中肉のウール地です。柔らかいテーラードカラーの衿もとから、バイヤス裁ちのドレスをのぞかせています。

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、32頁

リード文批評

バイヤス裁ちは、バイアス裁ち。布を斜めに裁つことです。45度の角度を正バイアスといいます。

青いアンサンブルと紫のアンサンブル

青いアンサンブルと紫のアンサンブル

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、33頁。

リード文

クレープのような薄手業の柔らかいジャージーです。オフィサーカラーの単純な上衣と、ウエストを中心にVカットでくせをとったシフトドレスの組合せ

衿なしの上衣はドレスの衿ぐりより少し深く、前はつきあわせで共布のボウで止めました。ドレスは、クレープの柔らかみを利用してウエストにギャザーしたものです。いずれも、上衣を着れば街着から訪問用、脱いで毛皮やアクセサリーを飾れば、カクテル用になるもばかりです。

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、32頁

リード文批評

シフトドレスとは、シュミーズやキャミソールのような感じのドレスのこと。多くは肩からまっすぐに垂れて、身体にほっそりと沿わせた胴はぎののない型になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php