エルザ・スキャパレリ : Elsa Schiaparelli

シェアする

広告

エルザ・スキャパレリ

エルザ・スキャパレリ Elsa Schiaparelli は1890年にイタリアのローマに生まれたファッション・デザイナーです(1890-1973)。父は東洋語学者、叔父は天文学者、従兄は考古学者というアカデミックな名門の家柄。

少女期に音楽・絵画・衣装デザインに熱中し、18歳で結婚しニューヨークへ渡ったが間もなく離婚。第1次世界大戦後に娘とパリへ移住。オート・クチュール組合に初めてファスナーを導入しました。

エルザ・スキャパレリの通称はスキャップ。1930~1940年代にガブリエル・シャネルとともにパリのオート・クチュール界の女帝として君臨しました。最も創作力ある個性的なモード界のシュルレアリストと言われます。

創業と事業展開

1次大戦後にスポーツ・ウェア、カジュアル・ウェアが流行する中、エルザ・スキャパレリは、1927年にリュ・ドウ・ラ・ペ通りにスポーツ・ウェア専門店「プル・ル・スポール」を設立。ゴルフ、テニス、水着などのスポーツ・ウェアに新たなアイデアを駆使し、当時の『ヴォーグ』誌を賑わせました。

同時に「トロンプ・ルイユ」をはじめとした黒や白のセーター、紳士用色物ネクタイ、首や腰に巻く派手な色のハンカチーフなどでも成功。1935年にはニット部門とドレス部門を創設し、ヴァンドーム広場のホテル・リッツの隣に店舗「スキャパレリ」を開店。この頃「ギャルソンヌ・ルック」に対抗し、1920年代高級志向への回帰を計画します。肩をパットで強調しバストを回復し、ウェストを自然な位置においたクラシックなラインを提唱しました。

この時期、シュルレアリストのサルバドール・ダリ、ジャン・コクトー、マン・レイ、彫刻家のジャコメッティたちとの交流を深め、エルザ・スキャパレリはアートとファッションの融合を図っていました。特に、写真家のマン・レイはエルザ・スキャパレリ自身や彼女の制作した衣装をたくさん写しました。

 イタリア生まれのフランスのファッション・デザイナー「エルザ・スキャパレリ」(1890-1973)がロンドンに到着した場面。自身の最新ファッション・デザインである、ズボン風スカートやキュロットを着ています。

2次大戦中はニューヨークに難を避け、エルザ・スキャパレリは1945年にパリの店を再開してセパレーツ(ツー・ピース)を導入。しかし、デザインがますます独自なものになったためか、1954年のショーを最後に『ショッキング・ライフ』を出版すると同時に閉店・引退。この再開の時期に4年間、ユベール・ド・ジバンシーがモデリストとして勤務しています。

1973年パリで死去。店舗は引き継がれトルソー型の瓶で有名な「ショッキング」という香水など関連商品が販売されました。1977年春にセルジュ・ルパージュをクチュリエとしてオート・クチュール組合に復帰。

作風

エルザ・スキャパレリの大胆なデザイン手法は、「骸骨セーター」「机の引き出しポケットのスーツ」「ショッキング・ピンク」「オマールえびとパセリのイヴニングドレス」「靴帽子」「ブランコ乗りのボタン」などの作品で知られ、シュルレアリストたちの影響が大きいです。パリよりもむしろ刺激を求めるアメリカ女性のあいだで人気が高く、アメリカで仕事をした時期もありました。それは1930年代のことで、アメリカの既製服業者が販売を強化しようとしてスキャパレリに助言を求めていたのです。彼女の助言は、絶え間ない新作を出すのではなく1年に2回、春夏と秋冬にまとまったコレクション(ファッション・ショー)を行なうということでした。

エルザ・スキャパレリのジャケット。1940年代製。

エルザ・スキャパレリのジャケット。1940年代製。 via Elsa Schiaparelli | Jacket | French | The Met

上記以外の主要作品は、戦後の日本でも流行したいかり肩のブロード・ショルダー、ショッキング・パフュームといわれた人体型の容器に入れた香水など、常識に挑戦する卓抜なアイディアで評価を高めました。また、ファスナーをオート・クチュールに初めて導入し、セロファンの服を作り、透明なプラスチックのコートを発表するなど、素材も斬新です。スキャパレリの店舗で働いていたデザイナーには、ピエール・カルダンユベール・ド・ジバンシーらがいます。

一目惚れ

女性用ディナー・ドレス フィラデルフィア・ミュージアム・オブ・アート エルザ・スキャパレリ寄贈 1969年

女性用ディナー・ドレス フィラデルフィア・ミュージアム・オブ・アート エルザ・スキャパレリ寄贈 1969年。”Woman’s Dinner Dress. Philadelphia Museum of Art, Gift of Mme Elsa Schiaparelli, 1969-232-52.” via The Dali Museum introduces first-ever retrospective exhibition of designer Elsa Schiaparelli and artist Salvador Dali – Alain.R.Truong

スキャパレリといえばこれです。ダリとのコラボ。少し赤色がオレンジ色に寄っていますが、紅白の配色が良いです。ウェスト・ラインを上に持ってきてベルト風にしている所が大胆です。そして、ダリらしく強烈な違和感を出すロブスター(≒ザリガニ)。

この女性のディナードレス(ロブスター・ドレスとも)は、ダリのロブスター電話シリーズから影響を受けました。セクシュアリティの原型であるロブスターを見たダリは股間部に蠢く動物のイメージと装飾風にパセリの芽をデザインしました。(This Women’s Dinner Dress (Lobster Dress) by Elsa Schiaparelli was inspired by Dalí’s series of lobster telephones. Dalí, who saw the lobster as an archetype of sexuality, designed the dress with an image of the animal across the crotch area, and sprinkles of parsley to garnish.) via Salvador Dalí and Elsa Schiaparelli's Creative Collaboration On View for the First Time | Architectural Digest

このロブスター・ドレスを晩年のユベール・ド・ジバンシーは次のように讃えたことがあります(2014年12月4日)。

スキャパレリにはセンスがあり、品がありました。たとえ靴を帽子としてかぶったり、ロブスターをあしらったドレスをデザインしてもそれらはシックでしたし、ちゃんと着ることができました。現在ではありえないでしょう。(「ジバンシィ」創業者、現代のファッションは「下品」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News