Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スタイル用語集 : 1日1個 平日配信
新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

ベッツィー・ジョンソン : Betsey Johnson

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベッツィー・ジョンソン Betsey Johnson は、1942年にアメリカのコネティカット州に生まれたファッション・デザイナー。

シラキュース大学在学中にマドモアゼル誌の嘱託編集者になった。雑誌掲載用に製作したセーターが、ブティック第1号といわれるパラファネーリア Paraphernalia の社長に認められ、この店に入った。

1969年、2人の友人と「べッツィー・バンキー・アンド・ニニ」 Betsey, Bunky and Nini という名の店舗を開き、1978年に念願のベッツィー・ジョンソン社を創立した。販売商品はもっぱらスポーツウェアやボディ・ウェアのオリジナルで、特に、プラスティックや金属の星、魚、数字を貼りつけたTシャツ・ドレス、裾に環をはめこんだ「ノイズ・ドレス」 noise dress が有名。こんな意欲的なポップ・ファッションで、想像性ゆたかな型破りのデザイナーとして著名になり、この傾向の服が店の定番商品になった。ナイトガウン・ドレス、太ももまでのロングブーツ、革で作ったミニの巻きスカート、体の線を強調したニットのスーツやドレスなども評判を集めた。

1971年、コティ・アメリカ・ファッション批評家賞受賞。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

footer-insert.php