イヴ・サンローラン : Yves Saint-Laurent

20世紀後半の世界のファッション・リーダーの1人で、ディオール2世やモード界の帝王とよばれたパリのオート・クチュリエ(裁縫師)。

1936年、アルジェリアのオラン生まれのフランス人(2008年没)。オート・クチュール組合付属のクチュール学校を抜群の成績で卒業。54年、国際羊毛事務局(IWS、現ウールマーク・カンパニー)主催のデザイン・コンテストのドレス部門で第1位入賞。これをきっかけにディオールに認められ、18歳でディオールの店舗に入店し、デシナトゥール(下絵描き)を担当。57年秋に、ディオール急逝の後を受け、店の後継者に選ばれた。

Yves Saint-Laurent, Mini Dress, 1961 (via The Met)

1958年1月の第1回コレクションで、台形輪郭(トラペーズ・ライン)の作品を発表して大成功をおさめ、21歳の若さで大ディオール店の面目を保った。この作品はシュミーズ・ドレスのバリエーション(ビッグ・サック・ドレス)に過ぎないが、床上り50cmという短く若々しいルックが功を奏した。次いで、丈をやや元に戻したロング・ラインも発表したが、こちらは不評であった。さらに、膝頭すれすれの60年ラインも、他の店舗がヘム・ラインを下げ始めた時期に重なり不評。60年秋、太毛糸の帽子やタートルネックのセーターと毛皮を組み合わせ、機能的なビート・ルックを発表した。しかし、これも時期尚早の感があり不評に終わった。同年9月に徴兵され、入営中にディオール社から罷免。病気で除隊後、すでにマルク・ポーアンがディオール店の主任デザイナーになっていたため、店に復帰せず、それを機会に62年春スポンチニ街に自店を開く。バレンシアガのラインに沿ったエレガントでシックな作品でスタートは成功したが、店舗の経営面で危機に瀕する。しかし、間もなく、腕利きの広報マン、ピエール・ベルジェの登場によって危機を脱出。以後、彼の協力でクチュール部門からプレタポルテ優先のスタンスに転向した。

通称「モンドリアン・ドレス」mondorian coat。イヴ・サンローランはカトリーヌ・ドヌーヴのお抱えデザイナーでした。アンドレ・クレージュの方がカトリーヌドヌーヴに合う気がします。クレージュはシンプルな衣服設計でドヌーヴを際立たせます。この写真のようにサンローランにも簡潔な設計がありますが、中心ではありません。 Yves Saint-Laurent, Mini Dress, 1965 (via The Met)

1966年に、プレタポルテのブティック「サンローラン・リヴ・ゴーシュ(Rive Gauche、左岸の意)を開き、クチュール界の左岸進出の先鞭を付け、同名の店を海外の主要都市にまでひろげた。ここには、既製服時代の到来を予期するサンローランの驚くべき先見の明が現れている。同シーズンのモンドリアン・ルックの成功に続き、マニッシュ・ルック、少女ルック、さらには夜のキュロット・スーツやジャンプ・スーツなど、ミニとパンツを中心に60年代後半は快調。この時期は、さらにシースルー、ポップ・アートによる作品、ヌード・ルック、スモッキング・ルック、サファリ・ルックなどの意欲的な作品を次々と発表し、一挙に世界のトップ・デザイナーの地位を築きあげた。フランス・モード界にとどまらず、20世紀モードの方向全体をサンローラン一人で示しているかのような躍進であった。

1970年代にはオートクチュールでデラックス化がみられた。たとえば、71年春のアワー・グラス(砂時計)型の40年代ルックからレトロ調、74年秋のコサック・ルックからフォークロア調、あるいはコスチューム・ルックなどのコレクションが挙げられる。これらはいずれも、贅沢かつファンタジックな作品で、コレクション毎に斬新なテーマを提出し、世界の女性を魅了した。74年秋のシーズンから、本拠地をマルソー通りに移す。「モード界の帝王」とよばれたのはこの時期である。80年代末には、ニューヨークのメトロポリタン美術館、パリの衣装芸術美術館などで作品を集大成した「サンローラン展」が催された。90年春夏のプレタポルテでは、片方の乳房が露わなドレスを発表し話題となった。

La sirene du Mississipi / Mississipi Mermaid (c) 1969 Les Films du Carrosse.
『暗くなるまでこの恋を』のカトリーヌ・ドヌーヴ。La sirene du Mississipi / Mississipi Mermaid (c) 1969 Les Films du Carrosse.

サンローランは、さほど独創的な創造者というわけではないが、黒やくすんだ色の使い方が上手く、パンチの効いたタッチと着せ方に特徴がある。このクチュリエが人気を博するのは、この点だ。また、モード史からみたサンローランの醍醐味は、伝統的なエレガンスの観念に代えて、モードの大衆化時代に相応しい「魅惑(シャルム)」というイメージを導入した点にある。また、設計師としての器用さや広がりが大きく、演劇、バレエの衣装を手がけたり、ジジ・ジャンメールやカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)たちの服を、舞台衣装から私用衣装まで作製した。フランスの映画監督フランソワ・トリュフォー作品の『暗くなるまでこの恋を』には”Dresses for Miss Deneuve by Yves Saint Laurent”と記され、ドヌーヴとサン・ローランの密接な関係を目の当たりにする。

20世紀末のサンローランの店舗はあわただしかった。イヴ・サンローラン社がグッチ社に買収されたのを受け、プレタポルテ部門であるリヴ・ゴーシュのデザイナーは、アルベール・エルバスを経て、2001年からトム・フォードが就任。イヴ・サンローランと、イヴ・サンローラン・オート・クチュールの間に資本関係はなくなったものの、同じ経営意志をもって経営にあたることとなり、オートクチュール部門はサンローラン本人が担当。グッチは、イヴ・サンローランのライセンスの大半を更新せずに経営体質の改善を図ることとなった。その後、トム・フォードが「イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ」と「YSLボーテ」のクリエイティブ・ディレクター兼チーフ・デザイナーを担当。オートクチュール部門は閉鎖し、以後はリヴ・ゴーシュのみの展開となっている。しかし、トム・フォードは2004年の春にグッチとの契約が切れるため、退任することが決定した。

最後のオート・クチュリエといわれたサンローランは、1958年にニーマン・マーカス賞を受賞。2002年1月22日に行われた、パリ・オートクチュール・コレクションで引退した。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2013/01/07
[更新日]2017/05/06