マドレーヌ・ヴィオネ : Madelaine Vionnet

マドレーヌ・ヴィオネ Madelaine Vionnet は、1876年にフランスのオーベルビリエに生まれたファッション・デザイナー。8歳で義務教育を終え、12歳からクチュール店で見習い奉公。18歳で結婚したが間もなく離婚しイギリスに渡った。ロンドンでは紳士服店のアトリエで修行をつみ、後にチーフとなる。5年後の1901年に帰国し、パリのキャロ姉妹のメゾンに入った。このとき、ジェルベール夫人から創作のコツを学び、1907年には、ドゥーセ(Jacques Doucet)のメゾンでモデリストとなった。36歳の1912年、パリのリボリ街に店を持ったが、第1次世界大戦中は閉店し、戦後の1919年に再開した。

1922年、百貨店ギャルリ・ラファイエットの援助によって、モンテーニュ通りの大邸宅を購入して移転、1940年に店舗を閉じるまで、パリ最大の店舗の一つとして君臨していた。1920年代・1930年代を通じての活躍はめざましく、ファッション界に影響を与えつづけた。

20世紀を代表するデザイナーといわれるのは、服装の近代化に尽したからである。1920年代から日本の着物や古代ギリシャ風ドレスにインスパイアされ、それを立体的な裁断によって独自のスタイルに作り上げた。30年代以後は、バイアス裁ち(バイアスカット)の創始、脇明きも前明きもない簡単に被って着るドレスの考案、ドレスとコートの裏を共にするアンサンブルのアイデアなどを生みだした。これらは、今のファッションにも受けつがれている。しかし、マドレーヌ・ヴィオネの前にバイアスカットをした人間がいない点を証明できないだけでなく、バイアスカットは人類の工夫として存在した可能性は非常に高い。多くの日本人研究者が世界服飾史・西洋ファッション史の本で確証なく繰り返し強調してきた点には、大きな疑惑が存在する。

創作にあたっては、実物1/4大の小さな木製人形に布をかけ、布の経糸と緯糸が交差する仕組みを物理的に活かし、裁断をしながらデザインを進める手法(ドレーピング=立体裁断)を採っていた。これは、デザイナーの誰にも真似ができなかったといわれている。

20世紀初頭には、前世紀のコルセットが女性から反発されるようになり、新たな服が要求されていた。そのもとで、シャネルがジャージーで服を作ることを検討していたが、ヴィオネは布を斜めに使うことによってストレッチ素材以前に布の伸縮性を最大限に引き延ばした。

彼女が好んで用いた生地はクレープ、クレープデシン、サテンなど。有名な作品には、多様なドレープ、ホールター・トップ、前や後ろの思い切ったデコルテ、ハンカチーフ・カットのスカート、アール・デコ調の刺繍などがある。

第2次世界大戦前に店を閉じた後は、パリ16区のアパートでアール・デコ調の調度品に囲まれ、バレンシアガのドレスを着て余生を送った。彼女のモデリング法は、弟子のマルセル・ショモン、キャルパンチエ、ジャック・グリフらが継承、ボディコンシャスを宣告したものとしてアライアら数多くのデザイナーにも計り知れない影響を与えた。レジョン・ドヌール・シュバリュ章受章。1975年、パリで死去。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/18
[更新日]2017/05/19