モード史を学ぶマストブック10冊

シャルル・フレデリック・ウォルト:モードの王様の経歴

シャルル・フレデリック・ウォルトの肖像画。このイラストはトース・ヒルが1882年に出版した「アルバム・オブ・バイオグラフィー・アンド・アート」に公開されました。 人物と企業
この記事は約5分で読めます。

シャルル・フレデリック・ウォルト(Charles Frederick Worth)は、1826年にイギリスのリンカシャーのバーンに生まれた、フランス第2次帝政期(1852~70)の王室お抱えファッション・デザイナー(ドレス・メーカー)です。「モードの王様」と呼ばれました。

経歴

シャルル・フレデリック・ウォルト は12歳の頃からロンドンの生地店で働き、1845年(20歳)に渡仏。リシュリュー通りの有名な衣料品雑貨店「ガシュラン」に就職。

ここで10数年働き、裁縫師(クチュリエ)としての第一歩を踏み出しました。その間、自分が筆頭となり婦人服仕立部門を作り、生きたマネキン(人台、フランス語でマヌカン)に服を着せて顧客やバイヤーに披露し販売する方法を創案しました(モデルという職業の発端)。

同店の販売員でウォルトのモデルにもなったマリ・ヴェルネと後に結婚しています。

シャルル・フレデリック・ウォルト : ティー・ガウン。肩から身頃にかけてプリンセス・ラインが採用されています。

シャルル・フレデリック・ウォルト制作のティー・ガウン。肩から身頃にかけてプリンセス・ラインが採用されています。 via House of Worth | Tea gown | French | The Met

作風

シャルル・フレデリック・ウォルトの作品は、刺繍トレースをふんだんに使った高級服が基本で、ジェット(黒玉)、コード刺繍、マクラメ、フリンジ等、やや重たげな世紀末の衣装を象徴したものが多いです。

彼は、エレガントで華麗なクリノリン・スタイルを広め、1866年にはプリンセス・カット(プリンセス・ライン)のドレス、次いで、下からペチコートをのぞかせるチュニック・モードを考案しました。

その後のバッスル・スタイルなども含め、まさに宮廷モードから現代モードへの転換期に活躍した人物といえます。複製のドレスはイギリスやアメリカの既製服企業のバイヤーにも販売されました。また、そういう販売形態(ライセンス販売)を行なった最初の人でもあります。

独立

1858年、スウェーデン人投資家ボベルグの資金援助によって、シャルル・フレデリック・ウォルトはパリのリュ・ド・ラ・ペ通りに仕立店を開業。布地の仕入れ、アトリエ、専属マネキン、年4回の創作衣装の発表会(ファッション・ショー)など、経営と創作を統合する一貫した運営法を形成しました。

これが今日のモード界の基礎となっており、シャルル・フレデリック・ウォルト がパリのオート・クチュールの祖といわれる所以です。

そのため、19世紀後半の比類のないファッション・リーダーの地位を得ました。彼の店があったリュ・ド・ラ・ペ通りもまた、後にドゥーセやイシドール・パカンなどが出店し、パリ・モード界の心臓部となっていきます。

シャルル・フレデリック・ウォルト : イヴニング・ドレス。

シャルル・フレデリック・ウォルト制作のイヴニング・ドレス。 via House of Worth | Evening dress | French | The Met

シャルル・フレデリック・ウォルトの店舗(メゾン)の衣装は法外な価格がしたと言われています。

もっとも簡素な昼間のドレスでも、1500フランを下らなかったそうですが、これは現在の日本円で約150万円の値段です。夜会用のドレスとなると、これの数倍はしたそうです。

また、当時のイギリスで「お金持ち」といわれた年収層は5000ポンド。これを、ウォルトの顧客の年間支払額が400~4000ポンドという点と比較すれば、ウォルトの店舗がどれほど高価な商品を販売していたか理解できます。

どれほど高価なものを販売しても、シャルル・フレデリック・ウォルトは宮廷の裁縫師として財をなしていきました。

1860年、オーストリア大使夫人のメッテルニヒ公妃の衣装を手がけたことから、当時のフランス皇帝ナポレオン3世の皇后ウジェニー(ユージェニー)の目にとまり、やがて宮廷の裁縫師としてフランス・モード界に大きな力をもつこととなりました。

彼はこの頃「モードの王様」と呼ばれています。

他方、自分の商品の素材に、フランスのリヨンの絹織物を多用し、当時停滞していた絹織物業を救済しようとした尽力も見逃せません。1868年「パリ・クチュール組合」(通称サンディカ)の元となる「フランス・クチュール組合」を創設しました。

シャルル・フレデリック・ウォルトのオート・クチュールのアトリエでブラウスをドレーピング中の写真。1907年、パリ。

シャルル・フレデリック・ウォルトのオート・クチュールのアトリエでブラウスをドレーピング中の写真。1907年、パリ。 via The draping of blouses in the haute couture atelier of Charles Frederick Worth. Paris, 1907. © Jacques Boyer / Roger-Viollet.

死後

1895年、シャルル・フレデリック・ウォルトがパリで没した後、店舗は長男のジャン・フィリップ・ウォルト(創作担当)と、次男のガストン・ウォルト(経営担当)に引き継がれました。この息子兄弟がフランス国籍を取得した後に、正式に「ワース」は「ウォルト」という読みで呼ばれることとなりました。

後、ポール・ポワレの入店にも救われ、店舗は4代まで続きましたが、1954年、イギリスのマルセル・プランにより買収されました。

なお、1900年には、ウォルト香水(Parfums Worth)を発表。現在パリ・サントル通りにその店があり、曾孫ロジェ・ウォルト(Roger W.)が経営。現在、同族の経営は香水部門のみです。

コメント

footer-insert.php