晚清碎影 約翰・湯姆遜眼中的中國

ジョン・トムソン(John Thomson, 1837-1921)は、スコットランド出身の写真家。写真の技術が急速に進歩しつつあった1870年ごろに清朝治下の各地を訪れ、生動感あふれる写真を残した。特に、大判の豪華四巻本 Illustrations of China and Its People (London,1873-1874)は、その説明文とあいまって貴重な史料となっている。

中華世紀壇編『晚清碎影―約翰・湯姆遜眼中的中國―』中國攝影出版社、2009年、ISBN: 9787802363328

Phtos of Late Qing Dynasty: China in the Eye of John Thomson, China Photography Publishing House, ISBN: 7802363322, 9787802363328

四年前、夫と雲南民族博物館の本屋でこのジョン・トムソンの「晩清砕影」を見つけました。私はこの表紙の女の子に一目惚れして、どうしてもこの本を欲しかったのです。ここは市内の本屋には滅多に置いてない大型図鑑や写真集などが多いです。どれも捨てがたい貴重な資料ばかりです。

ジョン・トムソン(John Thomson)の略歴は下の写真をご参照ください。クリックすると拡大されます。左が中国語、右が英語です。

John Thomson
John Thomson via 中華世紀壇編『晚清碎影―約翰・湯姆遜眼中的中國―』中國攝影出版社、2009年、ISBN: 9787802363328
John Thomson
John Thomson via 中華世紀壇編『晚清碎影―約翰・湯姆遜眼中的中國―』中國攝影出版社、2009年、ISBN: 9787802363328

 

 


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/05/01
[更新日]2017/05/29