マネキン 美しい人体の物語

『 マネキン 美しい人体の物語 』は、七彩工芸(現・七彩)で長年にわたりマネキン制作に従事してきた著者が、マネキン制作という仕事を振り返った本です。日本のマネキンの通史もあり、海外のマネキン事情もあり、写真が豊富です。ファッション・デザイナーや芸術家たちとマネキンとの関わりも随所で挿入されているので、マネキンからみたモード史という風にも読めます(三宅一生や岡本太郎など)。

目次は次の通りです。

  1. スポーツマネキン誕生記
  2. 人体を表現するということ
  3. 日本のマネキンの歩み
  4. 私は企業内作家である
  5. 人間をまるごと型取りする
  6. 二人の巨匠―村井次郎とジャン=ピエール・ダルナ

欠田誠『マネキン―美しい人体の物語―』晶文社、2002年

マネキンはよく見慣れたものですが、言われ見ないと気づかない点が多く、本書は色々と刺激を与えてくれました。たとえば、マネキンにも色々と種類があり、本書の冒頭で語られているのはアスリートたちの肉体を表現したスポーツマネキンです。また、マネキンには服を着せるだけでなくメイクも必要だという指摘は鋭く、驚きました。たかがマネキン、されどマネキンです。

現在、美術学校ではディスプレイの勉強としてマネキンの使い方を学ぶことはあっても、マネキンの制作(マネキンの造型)を学ぶことはほとんどないといいます。著者は、自分の仕事を振り返り、作品の制作のプロセスや背景を見つめ直して、モードの世界で生きるマネキンの魅力が時代とともにどのように変化してきたのかを振り返っています。

次の写真は、著者の勤務した七彩工芸(現・七彩)のマネキンです。この写真から好きなタイプを探そうとするのは、私だけでしょうか?

MEI-LI|レディース リアルタイプ|マネキン|株式会社 七彩
左から、MELI 11, MELI 12, MELI 14A. via MEI-LI|レディース リアルタイプ|マネキン|株式会社 七彩

この本を読んでいると、マネキンとは彫刻と人体とを行ったり来たりしていることが分かります。彫刻からみると、最も人間に近いのがマネキンですが、人間や人体からみると、限りなく近づいているだけの物だともいえます。モードやアパレルを考える時にマネキンは忘れやすいけど、必ず目にしているということを痛感しました。著者の言葉を借りていえば、マネキンの造形とは「アートとデザインの世界を行ったり来たりする」(205頁)点もマネキンの特徴です。その点で第6章内の「ジャン=ピエール・ダルナさんの思い出」以降、日本初のポリエステル樹脂製マネキン(FFシリーズ、またはダルナ・マネキン)が実現するまでの過程が非常に躍動感に満ちていて楽しく読めました。

バブル経済が崩壊しても一向に埒が明かない日本経済を憂いながらも、著者は、商品の新しい見せ方や売り方を考える手立てとしてマネキンを重視します。「今こそマネキン企業はその要請に応える使命がある」(206頁)、アパレル業界では「マネキンによるビジュアル・プレゼンテーションの力が新たに注目されている」(同)というように、アパレル業界の活性化にマネキンの表現力を持ってくる所がユニークです。

最後に、著者の勤務した七彩工芸(現・七彩)に関するマネキン情報を記しておきます。

七彩アーカイブス“彩” |株式会社 七彩
大阪にあるマネキンミュージアム「NANASAI ARCHIVES “彩 sai”(七彩アーカイブス “彩 さい”)。七彩の軌跡をたどり、現存する日本最古のマネキンから、年代単位でのマネキン、オブジェ、資料などを展示。 via 七彩アーカイブス“彩” |株式会社 七彩

マネキン 美しい人体の物語 : 関連リンク

欠田誠『マネキン―美しい人体の物語―』晶文社、2002年


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/05/26
[更新日]2017/05/26