苧麻・絹・木綿の社会史

苧麻・絹・木綿の社会史 は、いつどのように苧麻・絹・木綿が栽培され、利用されていったかを文献史料と類推から述べたものです。著者も述べているように、衣に関する研究は織布と染色に偏ってきました。もっとも、近世・近代を対象にしたものでは、製糸業・絹織物業、綿花栽培・綿糸紡績業の研究は某大で、糸の研究は調査され尽くしたように思われますが、古代・中世・近世の衣料原料の生産と、それをめぐる政治・社会経済的関係を考察した研究はありません。本書は、その盲点を系統的に、歴史展開の筋道として見通すことを目的にしています。1990年に中公新書の一環で刊行された『新・木綿以前のこと』が本書の底本になっていますが、大幅に加筆されています。

永原慶二『苧麻・絹・木綿の社会史』吉川弘文館、2004年

かつて柳田国男は『木綿以前のこと』で近世の木綿普及によって麻の良さが忘れ去られた点を批判しました。本書の著者永原慶二は現代には失われた木綿、中世までの日本には存在しなかった木綿という観点から、木綿を中心に衣料原料を掘り下げていきます。もちろん、綿だけでなく絹と麻にも多くの叙述を割いています。本書の流れは、前半で、律令制下・荘園制下の絹生産、麻生産を中心に、原料繭・原料麻の育成・栽培から納税に至る過程を描き、後半で、中世末期(戦国時代)の綿花・綿糸・綿織物輸入から綿花栽培への転換過程と木綿衣料の広がりを詳細に述べています。

このように古代から中近世にいたる繊維栽培から織物生産までの過程と政治経済への結び付きは詳しく分かるのですが、難点は、衣料研究であって衣料品研究にまで踏み込んでいない点です。織物から衣服への展開が述べられていない点は、他の研究書類と同じです。唯一、16世紀に高野山の坊主が西陣へ絹織物を発注した際に裁縫も依頼したという指摘がなされていました。この事例を出してきた著者に喜びを感じましたが、やはり、もっと大きな視野で衣服生産と衣服販売について、資料の有無だけでも意識的に指摘してほしかったと思います。

永原慶二『苧麻・絹・木綿の社会史』吉川弘文館、2004年


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/28
[更新日]2017/05/24