およばれのドレス(杉野芳子・田中千代)

この記事は約2分で読めます。

およばれのドレス(杉野芳子・田中千代)

このページでは「婦人画報」1967年1月号、30頁・31頁に特集された「お正月の晴着」から「およばれのドレス」をご紹介しています。

撮影は藤井秀喜、デザインは杉野芳子と田中千代です。

赤いカクテルドレス:杉野芳子

赤いカクテルドレス

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、30頁。

リード文

ウールダブル幅の半分が、ボーダーふうに透けて織られた布3メートルでパーティードレス2着をつくった、その一着です。上部全体を透けた部分であつかい、紐の下を切替えて、前スカートだけにフレヤーを入れて、このドレスのポイントにしたもの。四季を通じて着られるだけでなく、広い範囲にきずに着られるよさももっています。

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、31頁

リード文批評

透け感は低め。ドレスの色が映えている分、靴が貧相に見えます。服の特集なのでそうなるのでしょうか…。ショートブーツかミドルブーツがほしいところ。

市松喜祥文様のショートイブニング:田中千代

市松喜祥文様のショートイブニング

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、31頁。

リード文

七五三の帯地1本を残りなく使ってこしらえた夜のドレス。ツーピースになっているので、上部を黒いビロードやラメにしたり、反対にスカートをかえることもできて変化がたのしめます。毛皮のストールをあしらえば、若い方の正装用として豪華な装いです。

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、31頁

リード文批評

パネルべたべたのワンピースドレス。確かに豪華です。この作品もミニスカートです。靴が貧相なのは同上。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php