小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる

バレンチノ・ガラバーニ:ローマの代表的なデザイナー

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

バレンチノ・ガラバーニ(Valentino Garabani)は、ローマの代表的なデザイナー。

1932年、ミラノ近郊の生まれ。

パリ衣裳店組合附属のクチュール学校で勉強したのち、ギ・ラロッシュジャン・デセの店に勤めた。

1960年に自分の店をローマに設立し、ブレザーとスワガー・ハットの組合せ、白だけのコレクション、鎖のプリント柄、アーガイル模様のセーターなどで人気を得、“ゴールデン・ボーイ”と讃えられた。

デザインはシンプリシティとエレガンスの極致としての洗練さと女らしさが特徴。紳士服のデザインにも定評があり、インテリア・グッズ、リネン類、カーテンにも進出した。

1969年に最初のブティックをミラノに開き、ローマにもブティックを持っている。

ニーマン・マーカス賞受賞者。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php