好評発売中!リーバイス®×ループウィラーの限定コラボ

冕服にみる東アジアの一体性と力学:袞冕十二章の説明

図「漢代中国の袞冕十二章」出典:华梅『人文中国书系 中国服饰』五洲伝播出版社、北京、2004年、16頁より転載。 トピック
この記事は約11分で読めます。

冕服にみる東アジアの一体性

はじめに

このページでは中国天子の着用していた袞冕十二章服(こんべん・じゅうにしょう・ふく)から、東アジアの歴史を一体性と力学の二面から考えます。

冕服とは

冕服とは中国歴代王朝の皇帝(天子)が着用していた礼服のことです。上がジャケット、下がスカートのツーピース。

ジャケットの袖は衣服としては存在しません。ヨーロッパの開発したセットイン・スリーブのはるか以前、世界中の人たちが身頃と区別のない平肩連袖を着ていました。天子や天皇といえども、この限界を超えていません。平肩連袖の影響を東アジアの民族衣装で考えた記事はこちら

さて、この礼服には刺繍によって12種類(十二章)の紋様が施されていました。この礼服を詳しくは十二章服といいます。

朝鮮や日本のように朝貢体制によって中国から厚遇されていた諸国の皇帝は、九章服などのように十二章よりも少ない紋様のものを着用することになっていました。

次の表は中国・朝鮮・日本の3地域の章数を時期別にまとめたものです。

表「中朝日の冕服推移想像表」

世紀中華朝鮮倭・日本
朝廷名か首都名朝廷名か首都名朝廷名か首都名
紀元前~いろいろ→漢12いろいろ→三国
7隋→唐12新羅飛鳥→藤原
812新羅平城→平安12
912新羅平安12
1012新羅→高麗9平安12
1112高麗9平安12
1212高麗9平安&鎌倉12
13宋→元12→無高麗9平安&鎌倉12
14元→明無→12高麗→李9平安&鎌倉12
15129平安&室町12
16129平安&室町12
17明→清129平安&江戸12
18129平安&江戸12
19129平安&江戸→東京12→無
20清→

南京&北京→北京

12→無李→併合

→京城&平壌

9→無東京
現在北京京城&平壌東京
出典:沈从文編著『中国古代服饰研究』上海书店出版社、2002年。华梅『人文中国书系 中国服饰』五洲伝播出版社、北京、2004年。국립고궁박물관도『국립고궁박물관길잡이』2007년。張淑煥・原田美佳『朝鮮王朝の衣装と装身具』淡交社、2007年。吉野裕子『天皇の祭り─大嘗祭=天皇即位式の構造―』講談社、2000年。松本郁代「中世の「礼服御覧」と袞冕十二章―天皇即位をめぐる儀礼と王権―」(『立命館文学』第587号、2004年12月)、より筆者作成。

漢代中国の袞冕十二章

周の時代にまで溯ることができる袞冕十二章は、12個の紋様が附された天子の礼服です。袞服を着用するときに用いた冠「冕冠」から、中国では袞冕を単に「冕服」とよぶこともあります。

図「漢代中国の袞冕十二章」

図「漢代中国の袞冕十二章」出典:华梅『人文中国书系 中国服饰』五洲伝播出版社、北京、2004年、16頁より転載。

図「漢代中国の袞冕十二章」出典:华梅『人文中国书系 中国服饰』五洲伝播出版社、北京、2004年、16頁より転載。

十二章は以下のとおりです。

  1. 日(太陽)
  2. 雉子(華蟲)
  3. 火炎
  4. 虎猿
  5. 巻龍
  6. 粉米
  7. 黼(ふ、斧のこと)
  8. 黻(ふつ)

これらのうち、「衣裳」の衣部分(袞衣)をみましょう。左肩に日、右肩に月、身の前後に、龍・山・雉子・火炎・虎猿、袖に巻龍、合計8点が刺繍されています。下半身の裳部分には、織藻・粉米・黼・黻の4点が刺繍されています。

以上は、华梅『人文中国书系 中国服饰』五洲伝播出版社、2004年、16頁。王东霞编著『从长袍马褂到西装革履』四川人民出版社、2003、10~11頁。

中国天子の袞冕十二章

中国天子の着用した袞冕の場合、袞衣の左肩近くの袖には北斗七星が、右肩近くの袖には織女星が配置されています。星座双方はまとめて星辰と呼ばれ、中国ではワンセットで考えられてきました。すなわち、日月だけでなく、北斗七星と織女星もまた両者1組と見なされています。

北斗七星には四方を治める政治が意味されており、国家統治の基となる農事を統べる星という意味も存在します。そして織女星には、機織りを始めとする女性の労働を司る意味があります。北斗七星と織女星の二星が管轄する農耕部門と機織部門は、古代中国においては皇帝と皇后による祖廟祭祀の中心とされました。

この点は伊勢神宮の祭祀も忠実に踏襲しています。天子親耕、皇后献蚕・神衣奉織といった祭祀に関するピンポイントの表現です。

中国袞冕十二章の時間的変化

ただし、中国天子の十二章服にも時代別に違いがあります。日月に対し北斗七星と織女星(つまり星辰)が必ずしも対応しているとは限りません。

漢代と隋・唐代との決定的な違いは、星辰が両袖に分けられているか、背中に混在されているか、という点にあります。南北朝期まで、星辰は両袖に縫われていましたが、隋朝において「肩挑日月、背负星辰」といわれるように背中に配置されました。それ以後、星辰は袖と背中のいずれかに移動を続けてきました。

唐代の冕服については、ウィキペディア中国語版(http://zh.wikipedia.org/)「冕服」を参照してください。

奈良時代から江戸時代にいたる袞冕十二章

高田倭男は「養老令」の衣服令にみられる服制に言及し、その代表例として19世紀中期に天皇に即位した孝明天皇の礼服を引いています。古代日本で袞冕十二章が最初に明記されたのは757年の衣服令です。つまり高田は、朝廷レベルでの服制が奈良時代中期から江戸時代末期まで変化していないという前提に立っています。

このページではそれをふまえ、以下、民俗学・民俗史から、高田と同じ孝明天皇の礼服デザインに着目した吉野裕子の論点を紹介しましょう。

江戸時代孝明天皇の袞冕十二章

高田の前提がどれほどの一貫性に裏付けられているかは不明ですが、吉野裕子も高田と同じ前提に立っています。そして、中国天子の礼服と日本天皇の礼服との同一性と差異性に焦点を当て興味深い分析を行なっています。

日本の袞冕十二章前面(孝明天皇)。出典:吉野裕子『天皇の祭り』講談社、2000年、巻頭口絵より転載。

日本の袞冕十二章前面(孝明天皇)。出典:吉野裕子『天皇の祭り』講談社、2000年、巻頭口絵より転載。

日本の袞冕十二章前面(孝明天皇)。出典:吉野裕子『天皇の祭り』講談社、2000年、巻頭口絵より転載。

日本の袞冕十二章前面(孝明天皇)。出典:吉野裕子『天皇の祭り』講談社、2000年、巻頭口絵より転載。

吉野によると、中国皇帝の礼服と日本天皇のそれとでは北斗七星と織女星とのデザインに大差があります。日本天皇の場合、袞冕十二章に北斗七星と織女星の位置だけは踏襲されていません。左袖の北斗七星が背筋の上部中央へ移動し、織女星は除かれています。

天皇の祭り (講談社学術文庫) | 吉野 裕子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで吉野 裕子の天皇の祭り (講談社学術文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。吉野 裕子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また天皇の祭り (講談社学術文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

中国天子の衣服「袞衣」

中国天子の衣服である袞衣には、左袖に北斗七星、右袖に織女星が配置されていました。両者がワンセットと見なされた理由は、次の2点が考えられます。

  1. 北斗七星には四方を治める政治が意味されており、国家統治の基となる農事を統べる星という意味も存在する
  2. 織女星には機織りを始めとする女性の労働を司る意味がある

北斗七星と織女星の二星が主管する耕と織は、古代中国においては皇帝と皇后による祖廟祭祀の中心とされており、この点は伊勢神宮の祭祀も忠実に踏襲しています。天子親耕、皇后献蚕・神衣奉織といった祭祀に関するピンポイントの表現です。

日本天皇の北斗七星と織女星

ところが、日本の天皇の場合、袞冕十二章には、上記ワンセットだけは踏襲されていません。左袖の北斗七星が背筋の上部中央へ移動し、織女星は除かれています。

このデザインの違いは、政治のあり方や国家における天子・天皇のポジションの違いをも意味する重要なものです。中国の天子の場合、日月星辰の三者の一つ「星辰」として北斗と織女を両袖に付けており、天子親耕・皇后奉織が体現されています。それに対し日本の天皇は、本人が宇宙神、すなわち北極星の化身であるとの認識がなされ、祭祀者であると同時に被祭祀者でもあるという立場を特徴づけているわけです。

天子と天皇の宇宙内ポジション

このデザインの違いは、政治のあり方や国家における天子・天皇のポジションの違いをも意味する重要なものです。

これまでの話をまとめると、中国天子の場合、日月星辰の三者の一つ「星辰」として北斗と織女を両袖に付けており、天子親耕・皇后奉織が体現されていました。それに対し日本天皇には、本人が宇宙神、すなわち北極星の化身であるとの認識も付加されました。日本天皇は、祭祀者であると同時に被祭祀者でもあるという役割を、吉野の言葉では「背負わされた」ことになります。

吉野裕子『天皇の祭り─大嘗祭=天皇即位式の構造─』講談社、2000年、「第三章 大嘗祭の実相 III天皇の礼服」。松本郁代「中世の「礼服御覧」と袞冕十二章―天皇即位をめぐる儀礼と王権―」(『立命館文学』第587号、2004年12月)。

朝鮮王朝の袞冕九章

朝鮮半島における官服の系譜にも、興味深い事態が確認できます。14世紀末の1392年、李成桂が高麗王朝を滅ぼし朝鮮王朝が建国され、翌年、自ら太祖となり国号を朝鮮国(李氏朝鮮とよく呼ばれる)と決定しました。明朝から朝鮮国王の爵位を得たのは1401年のことです。

以後、日本帝国が朝鮮併合を行なった1910年まで維持されてきた朝鮮王朝は、中国明朝の後継者としての立場を築くことを目標にしてきました。政治体制をはじめ服制においても、太祖が明朝から許諾を受け官服制度を導入しています。朝鮮王朝の場合は九章服ですが、王室内には日月を示す錺物が掲げられていたといわれます。

국립고궁박물관도『국립고궁박물관 길잡이』2007년。張淑煥・原田美佳『朝鮮王朝の衣装と装身具』淡交社、2007年。

まとめ:冕服にみる東アジアの一体性

3ヶ国で差異はあるものの、冕服による一体性はスタイルとして同様のものを採用していたという点にあります。それと同時に、このスタイルが19世紀・20世紀にまで引き継がれていたという点も見逃せません。江戸時代に日本は朝貢体制から脱却していましたが、孝明天皇に至るまで江戸時代の天皇も冕服を着用していたのです。

冕服にみる東アジアの力学

3地域の比較

日本の場合は袞冕十二章を種類において踏襲し、一部の紋様配置を変更しました。朝鮮王朝では明朝の服制を古代以来の「十二袞旒冠十二章服」と理解し、自らは「九袞旒冠九章服」として導入していました。また、朝鮮王の場合、両肩の日月二星は金色の刺繍が施された龍に代替されていました。

3地域にみる袞冕の違いは以上です。これまでお話したように、中国では時期によって星辰の位置が移動したり、別の紋様で代替されたりすることもありました。明代に編纂された『明会典』によると、1383(洪武16)年の規定では星辰は両袖に指定されていますが、1405(永乐3)年の規定では背中に指定されています。

いずれにせよ、背中に星辰が配置された史料は明代のものが現存するだけのようです。しかし、その際、特に星座として描かれていることはなく、日本天皇が背中に北斗七星を背負ったデザインとは異なっています。

東アジアの力学

朝鮮は冊封体制を通じて中国の直属的な位置を占めており、朝鮮歴代王朝の皇帝は中国の1ランク下の九章服を着用し続けました。日本の歴代の天皇は、冊封体制に関しては朝鮮ほどの圧力を受けなかったため(中国からの監視が緩かった)、奈良時代(平城朝)から十二章服を着用していました(中国から使者が来る際に天皇は十二章服を着用しませんでした)。

朝鮮は中国への従属意識が強く、特に李朝は明朝倒壊後には明朝の後裔という忠誠心を示しました。これに対し日本は、中国に包まれながらの独立という発想が奈良時代以降見られるようになります(他の例では漢服にもとづいた着物の重ね着や漢字にもとづいた平仮名の開発など)。

≪憧憶ゆえのコピー≫かつ≪忠実には再現できない根気の無さや常態逸脱の癖≫という日本の性格は、奈良時代に起源を求めることができます。

冕服贈与ランキング(足利義満と豊臣秀吉)

はじめに

袞冕十二章服をつうじて足利義満と豊臣秀吉の世界ランキングを図ってみましょう。日本史の対外関係で、足利義満は日明貿易の促進と倭寇の取締りの点、豊臣秀吉は、当時の天下範囲における天下統一や大阪城建設(実際は現在の大阪市が建造したが)、として朝鮮侵略と明朝侵略意図の点がよく挙げられます。

比較の根拠

政治状況はもちろんのこと、時代そのものの異なる二人の人物を国際的地位から比較することは難しいのですが、彼らが存命中だった時代は、いずれも中国で明朝が全国支配をしていた点をヒントにして国際ランキングをつけられます。

明朝にとって日本の政治的実権者をどのように評価したのかが明瞭にわかる事例です。結論からいえば、足利義満の方が明朝からの評価が高いです。

結果

これを明確にさせるのは明朝から謹呈された袞服の「格」です。足利義満の場合、日明貿易の評価に対し「九章冕服」を、壬辰战争(朝鮮出兵)に対し豊臣秀吉は「七旒皮弁冠」と「五章皮弁服」を、それぞれ明朝から謹呈されました(以上、沈从文編著『中国古代服饰研究』上海书店出版社、2002年)。

足利義満はちょうど朝鮮王朝が中華帝国から謹呈されてきた九章服に該当するのに対し、豊臣秀吉は五章服でした。明朝は足利義満を日本国王として認め、朝鮮国王と同じ九章服を贈呈したのでしょう。

まとめ

七章服の存在を確認できていませんが、足利義満と比較して豊臣秀吉は1ランクないしは2ランク下に位置することになります。

それでも、明朝に憧れ攻略まで企てた豊臣秀吉が、その明朝から五章服を謹呈されて喜んでしまったのではなかろうかと、私は推測しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php