Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スタイル用語集 : 1日1個 平日配信

ユニセックス unisex : Looks, Twiggy, LGBT, etc…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ユニセックス

ユニセックス unisex とは男女の性が結合された状態を意味し、「男女の区別がない」の意。簡単にいえば「男女兼用」。モノ・セックス(単一の性)、ノン・セックス(性無し)も同義。元々、ユニ(uni)とは「unite」の接頭語で結合するの意。

ユニセックス・ルックの展開

ユニセックス・ルックは、トランス・セクシャル・ファッションとも呼ばれ、男女の性別を超越したファッションの総称です。パンタロン・スーツやサファリ・スーツがなどが代表的ですが、20世紀後半にユニセックスが特に普及したのはジーンズの流行からです。

男女の接近した時代(≒女性が強くなった時代)は、これまで1920年代と1960年代だと言われてきましたが、ファッション史でも、1920年代のギャルソンヌ・ルックの台頭、1960年代のTシャツ、デニムジーンズの流行が象徴的です。このうち、ユニセックスの初出を革ジャン+ブルージーンズに求める説があります(「20世紀モード史」384・385頁)。

ユニセックス : ユニセックス風のモデル ツィギー(Twiggy)

ユニセックス風のモデル ツィギー(Twiggy): 1960年代「社会変革の時代」「女性に対して緩くなった社会的タブーによって、ユニセックスの衣装や有名なミニ・スカートが発展し、今日の私達はそれらを絶対崇拝しています」。60s: Era of Social Reforms: “The relaxed social taboos against women led to the development of unisex fashion and the famous mini skirts that we absolutely adore today”. via Evolution Of BagStyle Files

1970年代はオイル・ショックの影響からユニセックス・ルックも沈滞ムードになりました。しかし、1980年代後半から、ファッションを含めて社会全体に男女関係を見直そうという気運が当時の先進諸国で一般的な現象となりました。しかし、この時期のユニセックス現象は、女性が強くなったというだけでなく、そこには、これまで女性が役割を担ってきた「見られる性」を男性も受容しようという傾向が見られました。

アメリカ映画『アニー・ホール』でダイアン・キートンが着ただぶだぶの男物ジャケットがその典型。20世紀後期のブランド界では、1980年代初頭にアンドロジナス・ルック(アンドロジナス=両性具有)を提案し、1987年春夏のパリ・コレクションを「オム・オブジェ」で賑わしたジャンポール・ゴルチエが、ユニセックスの代表例です。他にも、同年のトキオ・クマガイ、88年春夏パリコレでのヨウジ・ヤマモトなども例に挙げることができます。これは、男性のファッションが追求されるようになったという意味で「新ユニセックス・ファッション」と呼ばれることもあります。

「匿名」ユニセックスなスウェット・シャツ。パーソナル・オヴ・ニューヨーク撮影。

「匿名」ユニセックスなスウェット・シャツ。パーソナル・オヴ・ニューヨーク撮影。”Anonymous” unisex sweatshirt. Photo: Personnel of New York via Unisex Fashion: Can It Ever Be More Than a Niche Category? – Fashionista

ユニセックスは女性解放運動の一環として意義のあるものですが、他方で世界規模でのモードの西洋化から見ると、一概に絶賛できない面ももっています。20世紀の間に階級差と性差が消滅し始め、一層単一的な衣服へと収斂していく傾向がはっきりと確認されます。人類衣服のユニフォーム化ブリュノ・デュ・ロゼルの言葉では「モードのユニフォーム化現象」(前掲書481頁)です。ユニフォーム化ゆえに個性を発揮しやすいという説にロゼルが加担しているように思え面もありますが、没個性と個性の両面で近年のモードが揺らいでいる点も指摘しているので、ここで結論付けるのは止めておきます。次の項目でユニセックスを現代的な性的問題に置き直して締めくくります。

ユニセックスとLBGT

冒頭で述べたように、ユニセックスは男女の性が結合された状態のことで「男女の区別がない」意味です。最近注目されているLBGTと比べると、ユニセックスには次のような特徴が加わります。レズビアンとゲイは女性同士、男性同士ですからユニセックスでは無く、ストレートも男女相互を根拠にするのでユニセックスではありません。バイセクシャルも同様にユニセックスではありません。

なぜなら、バイセクシャルは男女の区別を根拠に相互関係で男女が入れ替わるのであって、単体に男女の性が結合したものではありません。トランス・ジェンダーもしかり、性転換を根拠とするのですから。

したがって、ユニセックスはLGBTを超える存在であると同時に、未だに出現していないまま宙吊りにされた状態といえます。アンドロジナス・ルックが提案されても、それは衣服におけるユニセックスであり、人間においてはまだ宙づりの状態です。

関連リンク

  • Unisex Fashion: Can It Ever Be More Than a Niche Category? – Fashionista : 2010年代の色んな新作衣装を元に、ユニセックス・ファッションがニッチ・カテゴリを超えるものとなるかを検討しています。結論を紹介しますと、まだまだ私達がユニセックス・ファッションを運動として呼び起こすには難しいとしています。特に多くの男性消費者にとって、ユニセックス・ファッションはまだ難しいカテゴリーの一つだと考えています。文化的ジェンダーの規範がまだまだ根強いことがその理由です。いつの時代も男性が男性でいたい、女性が女性でいたいという人々が多数います。

English Summery

Unisex is a state where sex of men and women are combined, meaning “there is no distinction between men and women”. Compared to LBGT, which has recently been drawing attention, the following features are added to Unisex. Lesbians and gays are female and male, so it is not unisex, straight is also unisex because it is based on mutuality between men and women. Bisexual is not unisex as well. Because bisexual is a male and female exchanging by mutual relationship on the basis of gender discrimination, not male and female sex combined as a single body. Because trans-gender is also based on sex change.

Therefore, unisex is the existence exceeding LGBT, and it is said that it is suspended suspended without appearing yet. Even though Androgynous Look is proposed, it is unisex in clothing, and yet it is still in a state of sorrow in humans.

コメント 感想や質問をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

footer-insert.php