新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

ツーピース two pieces : 種類別に説明

ナイラー・モーヴ「ツーピース・ドレス」 Nailah Mauve Two Piece Dress | windsor モードの基礎知識
ナイラー・モーヴ「ツー・ピース・ドレス」 Nailah Mauve Two Piece Dress | windsor via Nailah Mauve Two Piece Dress | windsor
スポンサーリンク

ツーピース

ツーピース two pieces : 上下に分かれた2つの部分からなる服のことで、ワン・ピースの対語です。ちなみに、ドレスはワン・ピースの代表的な衣服と思いがちですが、ツーピース・ドレスというのもあります。アンサンブルと同義だと誤解されやすいですが、アンサンブルは組み合わせのことですので、2部分のアンサンブルがツーピースとなります。このページではツーピースの衣服を種類別に説明しています。

ツーピース : ナイラー・モーヴ「ツーピース・ドレス」 Nailah Mauve Two Piece Dress | windsor

ナイラー・モーヴ「ツーピース・ドレス」 Nailah Mauve Two Piece Dress | windsor via Nailah Mauve Two Piece Dress | windsor

ツーピースの種類

ツーピース・スカート

ツーピース・スカートは、プレーン・スカートで2枚の布で構成されたスカート。両脇に縫い目のある一般的なスカートをいいます。

ツーピース・カラー

ツーピース・カラーは、ワン・ピース・カラー(一枚衿)に対し、ワイシャツ衿のように、台衿と上衿の2枚の布で構成された衿のことで、二枚衿ともいいます。

ツーピース・スリーブ

ツーピース・スリーブは、二枚袖のこと。ワン・ピース・スリーブ(一枚袖)の対語。袖が2枚の布で構成されています。腕の外側になる部分を外袖、内側になる部分を内袖と言います。通常、縫い合わせ目は内側になり、外袖の布の方が大きく、内袖の布の方が小さい。後ろ側の縫い目を利用して、あきみせが作られ、袖口を装飾化することがあります。主にきちんと仕立てられたジャケット、スーツ、コート類の袖に用いられます。

ツーピース・ドレス

ツーピース・ドレスは、上身頃とスカートが一続きのワン・ピース・ドレスに対し、上下二つの部分からなるドレスのこと。つまり、ブラウスとスカート形式のドレスで、組み合わせの融通性が効き、身体にも合いやすいです。なお、日本でツーピースの語は、ジャケットとスカートなどのような一揃いの、くつろいだソフトな感じのスーツをさす場合が多い。

ツーピース・スーツ

ツーピース・スーツは、紳士服の場合、スリーピースからベストを外したジャケットとトラウザーズだけのスタイルのこと。つまり、背広上下のことで、単にツーピースともいう。本来、背広は、スリー・ピースが基本とされてきたが、第2次世界大戦後のアメリカの服装の合理化から、こうしたスタイルが一般化した。広義では、スーツと同義語に用いられたり、婦人服で単にツーピースという時には、ツーピース・ドレスの略の場合もあります。

ツーピース・ルック

ツーピース・ルックは、ツーピースのように見えるワン・ピースのデザイン、またはドレスの意味。ウェストラインやその上下の位置に、上衣の裙に見せかけた切り替え線を使ったり、ベルトをつけたりしたものが多い。

English Summery

Two pieces : It is a pair of clothing consisting of two parts separated in the upper and lower, which is opposite the one-piece. Dresses tend to be typical clothing of one piece, but there are two-piece dresses. And it is easy to misunderstand that it is synonymous with an ensemble, but since the ensemble means a combination, a two part ensemble will be a two piece. This page explains two piece clothes by type.

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php