大学時代にやってほしいこと!

ツイード tweed:素朴な味わいある厚手紡毛織物

ツイード(tweed)とは、元来、スコットランド産チェビオット種の羊毛の、太い紡毛糸を毛染めして手織りにした平織・綾織の総称。

ざっくりした素朴な味わいがある厚手の紡毛織物。

平織の場合、本来はホームスパン(=家庭で紡いだ糸を用いた織物)と言うべきですが、とくに厳密には区別されていません。

語源的には、スコットランドの綾(tweel)を意味する単語、もしくはツイード川に由来すると言われてきましたが、前者が有力です。

現在では、ツイードに似た太番手の紡毛糸で織った平織・綾織・杉織・変り綾の地厚で丈夫な織物を指します。アクリルなどの合繊と毛の混紡の製品も作られています。

ツイードの種類

ツイードの種類は多く、ハリス・ツイード、ドニゴール・ツイード、エジンバラ・ツイードなどがあります。

主に、ブリティッシュ・トラッドの背広や、オーバー、コート、ジャケット、ドレススカート、ズボンや、カントリー調の衣服などに用いられます。

平織と綾織、ともに、織り上げ後、わずかに縮絨し、水洗い、乾燥後、剪毛、蒸絨および圧絨し、いわゆるツイード仕上げをします。これにより、縞柄や織目がぼやけず、比較的はっきりしてきます。

ハリス・ツイード

ハリス・ツイードは、スコットランド北西、アウター・ヘブリディーズ諸島でつくられる手織の最高級ツイード。

スコットランド産羊毛の新毛で紡いだ(手紡ぎ・機械紡ぎ)紡毛糸を用い、手織機で綾織や杉織に織ります。

名前の由来は、ロンドンのハリス・ツイード協会の商標から来ており、本物には、球形の上に十字が付いた「ハリス・ツイード」の商標マークが付されています。

ドニゴール・ツイード

ドニゴール・ツイードは、アイルランドの土にゴール地方で織られたホームスパン。

3~5番手の紡毛単糸を用いた平織の手織ツイードで、経糸に白糸、緯糸にカラー・ネップの入った色糸を使って織ります。

現在では、これを模したものも同じように呼ばれ、一般にネップ・ツイードとも呼ばれます。カントリー調のスーツ、ジャケット、コートなどに利用。

エジンバラ・ツイード

エジンバラ・ツイードは、スコットランド旧首都エジンバラを集荷地としたことから、こう呼ばれます。

他のツイードと同様、3~5番手単糸の紡毛糸を使った平織ツイード。

経糸に白か生成糸を用い、緯糸に濃色の茶、グレー、エンジ、グリーン、黒などを織り込むのが特徴。くっきりと色糸の浮き立った品の良いツイードで、コート、カジュアル・ジャケット、スカートなどに用いられます。

コメント

最新記事をメールで受信

記事の更新をメールで受信される場合にご登録ください(仮登録→登録の2ステップです)。2019年の3ヶ月間の1日平均更新数は3通です。プライバシーポリシー

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php