Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スタイル用語集 : 1日1個 平日配信
新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

トレンチ・コート trench coat : ディテールと語源

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トレンチ・コート

トレンチ・コート trench coat とはダブルのベルト付きコート。綿や薄手のウール素材で、エポーレット(肩章)と2枚のヨークが付いた防水加工のコートです。「キング・オブ・メンズ・コート」の異名をもちます。戦闘用にデザインされたのが発端で、複雑なディテール・デザインが施されています。トレンチ・コートは、色んな場所に色んなものが付けられた、いわば「機能の集合体」といえるコートです。

ヴィンテージな葉書。第一次世界大戦中にトレンチコートを着た女性工場労働者のグループ。場所はウーリッジ・アーセナル。

ディテール

機能の集合体といえるトレンチ・コート のディテールを見ましょう。袖は、運動性を持たせるために、ラグラン・スリーブかセミ・ラグラン・スリーブが多く採られています(稀に、セット・イン・スリーブも)。肩にはエポーレットやガン・パッチ(元は銃床を支える目的)、胸にはストーム・フラップ・ポケット(二重覆いの雨ぶたつきポケット)が付けられいます。ウェストには、ミシン・ステッチを掛けたベルトを締め、後ろ身頃は、ウェストまでがセンター・シームにステッチが入り、背中にケープ・バック(当て布)がボタンで留められています。また、顎(あご)を覆うチン・ウォーマーもあります。ベルト、エポーレット、当て布などは全て、表地と共地になっています。カフスは、タブまたはストラップ付きで、全体の調和を整えます。生地は、ウールや綿などのギャバジンやツイルが主です。なお、ギャバジン生地の開発はバーバリー (Burberry) 社が行ないました。

トレンチ・コート : 「トレンチコートは20世紀初頭の軍隊のニーズに応えるために開発されました。エポレットは将校の階級を示し、ベルトのメタル製Dリングは軍事用品を下げるためにあしらわれました。」

「トレンチコートは20世紀初頭の軍隊のニーズに応えるために開発されました。エポレットは将校の階級を示し、ベルトのメタル製Dリングは軍事用品を下げるためにあしらわれました。」 via 伝統 | バーバリー

語源

トレンチは英語で「塹壕」の意。第1次世界大戦で、フランスとドイツ間の西部戦線で戦闘が膠着し、長期的な塹壕線となりました(第1次大戦は塹壕戦がメイン)。その時、イギリス陸軍が採用した戦闘用防水コートがトレンチ・コートのデザインの起源です。当時のイギリス陸軍はバーバリー製のトレンチ・コートで統一されていたそうです。

また、ラテン語で社名が防水を意味する「アクアスキュータム社」(Aquascutum)のトレンチ・コートも有名。当初は、防水性と機能性に重点を置いてデザインされていましたが、スポーティな感覚が、男女ともに一般用コートのデザインとして人気を呈し、第1次大戦後のレイン・コートやダスター・コートの代表格となり、現在、トレンチ・コートはさらに広い範囲で着用されています。

カトリーヌ・ドヌーヴのトレンチ・コート

カトリーヌ・ドヌーヴの着るトレンチ・コート。フランソワ・トリュフォー監督『暗くなるまでこの恋を』(1969年)。La sirene du Mississipi / Mississipi Mermaid

カトリーヌ・ドヌーヴの着るトレンチ・コート。フランソワ・トリュフォー監督『暗くなるまでこの恋を』(1969年)。La sirene du Mississipi / Mississipi Mermaid (c) 1969 Les Films du Carrosse.

フランソワ・トリュフォー監督『暗くなるまでこの恋を』(1969年)に出演したカトリーヌ・ドヌーヴのトレンチ・コートが上の写真です。カーキ色一色で統一された点はトレンチ・コートが軍用であったことを引きずっていますが、他方でガン・パッチが装飾用の大きな襟に隠れている点は民用衣料品だと示しています。

五明祐子のトレンチ・コート

トレンチ・コートは最近「マリソル」誌(集英社、2017年10月号)で43頁~49頁まで特集されました。「マリソル モデルズ We Love トレンチ!」です。モデルは、SHIHO、ブレンダ、知花くらら、佐田真由美、渡辺佳子、五明祐子の6人。パラパラ捲って一目ぼれしてしまったのが五明祐子。

トレンチ・コート : 五明祐子 マリソル

五明祐子「マリソル」集英社、2017年10月号、49頁。

紺のブラウスにアマン・パンツの組み合わせ。ラフ過ぎるのですが、ルーズではありません。その上からグレーのトレンチ・コート。アラフォーになってトレンチ・コートを着る時にヒールの靴を止めてスニーカーやバレエ・シューズに変えて少し力を抜いた感じで羽織ると述べています。ラフですがシンプルに決まってます。ガン・パッチは装飾用に大きくなっているのに、白黒のグレナカート・チェック(Glenurquhart check とも Glen plaid とも)がシックに決まっています。

  • トレンチ・コート : マッキントッシュ ジャパン(マッキントッシュ メル キルト)
  • ブラウス : アンスクリア
  • ベルト : アンボワーズ
  • アマンパンツ : ビームスハウス丸の内(チノ)
  • バングル : フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル
  • バッグと靴 : J&M デヴィッドソン青山店(J&Mデヴィッドソン)
Marisol(マリソル)公式通販 | SHOP Marisol アラフォーキャリア女性のための通販サイト
アラフォーキャリア女性のためのファッション通販サイトSHOP Marisol(ショップマリソル)。雑誌連動企画、スタイリスト・エディター注目アイテム、注目ブランド、着回しアイテム、などなど新鮮で豊富な情報をお届けしています

関連リンク

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

footer-insert.php