Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

トランス・ペアレント : trans parent

シェアする

広告

トランス・ペアレント : trans parent

トランス・ペアレント : 「透明、透かし、透かし絵」の意味でファッション用語では≪透ける衣服≫のことです。シー・スルー See Through と同義。

オーガンジー、ボイル、モスリン、ローン、シフォン、レース、目の粗いニットなどの透ける素材や、それらを使ってた身体を透かして見せる衣服。1960年代頃は「透視ルック」「透け透けルック」「スケスケ・ルック」などと呼ばれました。

トランス・ペアレント・カラーといえば透明色のことです。また、はめ込まれた透けるアイテムはトランス・ペアレント・インセットといいます。

略史

単に「透ける」というファッションは古代エジプトなどで見られますし、1930年代以降に開発されたナイロン・ストッキングなど、デニール数の小さいものはだいたい透けます。

フランス革命の時には、それまでの慣習やモラル、礼節を打破する動きの中で、厚地の絹の紋織りドレスの代わりに、木綿の薄い透けるモスリンのドレスが流行しました。

有名なのはタリアン夫人(1773~1835年)という美人のエピソード。彼女は靴下留めの色が見分けられるほど薄い綿チュールのドレスを着てチュイルリー公園を散歩したそうです。他にも、ダヴィッドが描くレカミエ夫人の肖像画でも、清楚なエンパイア・ドレスの白いモスリンからは、ピンク色をした乳首が見えます。

1960年代のシースルー・ルック

このような歴史古い「透けるファッション」をシースルー・ルックとして打ち出したのが、1960年代後半のフランスのデザイナーたちです。なかでも、1968年にドレスでセンセーションを巻き起こしたイヴ・サンローラン Yves Saint Laurent が有名。彼の発表したドレスでは、ブラジャーなしの胸、胴部、腕が透けて見えるシフォンが用いられました。

以後、1960~1970年代の性革命を代表するファッションの一つとなりました。皮肉にも1968年は5月革命の年。その後、1972年のアンドレ・クレージュが続きます。そのため世界初のシー・スルーがそこに誕生したように思いがちですが、20世紀前半にも無名のシー・スルーのドレスが中国にあっただろうと考えられます。他地域でも確認できるかもしれません。

トランス・ペアレント アンドレ・クレージュを着るギニア・リンドブラッド(ピーター・ナップ撮影)。

アンドレ・クレージュを着るギニア・リンドブラッド(ピーター・ナップ撮影)。Gunilla Lindblad on André Courrèges, Photo: Peter Knapp via Gunilla Lindblad on André Courrèges – Vogue

1990年頃のシースルー・ルック

1989年春夏コレクションでは、再び透けるファッションが話題となりました。ロメオ・ジリ、クロード・モンタナ、コム・デ・ギャルソンなど。しかし、その背景には反体制という意味合いは薄まっており、布の軽やかさ、軽快さ、重ねられた素材や色の効果といった点がポイントになっています。

現代ではトランスペアレントやシースルーは、フランス革命や5月革命の状況とは異なりファッションの一般的循環の一つになっています。