新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

今日も今日とてミシンと洋裁 : 今年初めてのトヨクニコーヒー

トヨクニハウスとトヨクニコーヒー モードの日記
トヨクニハウスとトヨクニコーヒー
スポンサーリンク

今日も今日とてミシンと洋裁 : 今年初めてのトヨクニコーヒー

今朝は妻と散歩がてらトヨクニコーヒーをめざします。

途中で縄跳び。高倉町でレトロなガレージ発見🚕

オーツタイヤ(高倉タイヤ商会)のレトロなガレージ

オーツタイヤ(高倉タイヤ商会)のレトロなガレージ via Instagram bit.ly/2TIfyJA

今年初めてのトヨクニコーヒーです。同店はトヨクニハウスのA棟に入っています。この建物の手前の階段が口に、全体が顔に見えてきました。もう少し正面から写すべきでしたが、お店が今度は入らなくなるかも、難しいところです。

今年初めてのトヨクニコーヒーです。

今年初めてのトヨクニコーヒーです。

シンシン・ミシンは今日も健在

今日は畳の方で。11時半くらいに行ったので客がいなくてのんびりできました。気になるシンシン・ミシンは今日も元気に立っていました。「シンシンミシンとの出会い」もご覧ください。

IMG_20190210_123503_242

今年初めての@toyokuni.coffee #トヨクニコーヒー #シンシンミシン 👉 #シンガーミシン と #大丸百貨店 の合同ブランド 🎥バックミュージック次第で一気に小津の世界へ via Instagram bit.ly/2Bx0XJL

いつも通りレトロ感が満載。🎥バックミュージック次第では一気に小津安二郎の世界へ飛ぶ勢いです。

トヨクニコーヒーにて。2019年2月10日撮影。

トヨクニコーヒーにて。2019年2月10日撮影。

洋裁雑誌をパラパラと : ミシン広告に萌える

シンシン・ミシンをみて安心して、次は洋裁雑誌の撮影です📷 「最新アメリカ式図解洋裁全書」という大層な題名の本と定番の「ドレスメーキング」。

洋裁雑誌。「最新アメリカ式図解洋裁全書」という大層な題名の本と定番の「ドレスメーキング」。トヨクニコーヒーにて。

洋裁雑誌。「最新アメリカ式図解洋裁全書」という大層な題名の本と定番の「ドレスメーキング」。トヨクニコーヒーにて。

今日はどのミシンと出会えるか楽しみに雑誌をパラパラめくると、

三菱ミシンの広告(「ドレスメーキング」1953年、通算24号より)

三菱ミシンの広告(「ドレスメーキング」1953年、通算24号より)

まずは三菱電機の三菱ミシン。ミシン針も売っていることが下に書かれています。折り返しで隠れていますが「・職業・工業」という文字が見えるので、きっとその左は「家庭」かと。この女性はメジャーを首に掛けていて、まさに裁縫仕事の一休みの雰囲気、カッコいいです。

ブラザーミシンの広告(「ドレスメーキング」1953年、通算24号より)

ブラザーミシンの広告(「ドレスメーキング」1953年、通算24号より)

次いでブラザーミシンの広告です。撮影に夢中でちゃんと文字を読んでいませんでしたが、起こすと「1953年の新春を迎えて、あな(たと共に)幸多き日を!」かと。「御購入はお近くの信用ある特約店及著名百貨店にて――」。奥に見えるミシンは先の三菱と同じく、とても可愛いといえるものではありません、職業用ミシンかと思います。

今日、この2社のミシン広告と出会えたのは不思議。1944年頃の話ですが、日本帝国陸軍被服廠は三菱ミシン社へ軍需用ミシンを発注したところ、拒否されます。おそらく三菱は本領の電機事業に集中したかったのだと思います。そして、代わりに請け負ったのがブラザー・ミシン社でした。ブラザーは被服廠から踏み倒されるのを避けて、製造費用の前納という交換条件を同廠に飲ませたのが上手いところです。

肝心の料理とコーヒー

そうこうしているうちに料理が来ました。トヨクニコーヒーの良いのは室内の写真や雑誌を眺めているうちに料理や飲物ができ上がるとこです。

トヨクニコーヒーの「鶏ごぼうのりトースト」と「東ティモール」

トヨクニコーヒーの「鶏ごぼうのりトースト」と「東ティモール」

妻は「鶏ごぼうのりトースト」と「東ティモール」、私は「牛すじカレー」と「東ティモール」を注文。

トヨクニコーヒーの「牛すじカレー」

トヨクニコーヒーの「牛すじカレー」

カレーはレトロな味で、店内の雰囲気にピッタリ。妻のインスタグラムには店内で大活躍のストーブが載っていますので、ぜひそちらもご覧ください。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php