小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる

ゆれるシルエットに ただよう”シック”:クリンパ

この記事は約1分で読めます。

ゆれるシルエットに ただよう”シック”:クリンパ

この広告は「婦人画報」婦人画報社、1968年10月号、38頁に掲載された東洋紡エステルのものです。クリンパ・ジャカードを宣伝しています。

真ん中下のミニスカートの女性像がカッコよくて取りあげました。

リード文

クリンパのしなやかなタッチ、ゆたかなドレープ性は、秋のモードにぴったり。女らしいシックなシルエットをつくります。この夏、思いきり陽気だったお嬢さんも、そろそろイメージ・チェンジのご用意を…。

出典 「婦人画報」婦人画報社、1968年10月号、38頁

リード文批評

1968年にイメージ・チェンジ(イメチェン)の言葉があったとわかります。季節によって雰囲気を変えることがモードの定式になっていました。

東洋紡エステルのクリンパは現在は市販されていないようです。たまにオークションではみかけます。

広告中央の文字列は「CHIC IN SILHOUETTE」か。

ゆれるシルエットに ただよう”シック”:クリンパ

出典 「婦人画報」婦人画報社、1968年10月号、38頁

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php