貫頭衣からテーラリングへ : 大丸弘「西欧型服装の形成」を読む

シェアする

広告

貫頭衣からテーラリングへ : 大丸弘「西欧型服装の形成」を読む

貫頭衣からテーラリングへ : この事態は人類のファッション史で最も重大な出来事でした。

この火曜日・水曜日の2日間、あっという間に仕事が終わって、やっぱりビビる大丸弘論文。貫頭衣の普及から テーラリング 技術の勃興まで、大雑把に印象を。

大丸弘『西欧型服装の形成―和服論の観点から―』国立民族学博物館研究報告別冊4号、1987年2月

(以前の感想はこちら〔近代日本の導入した洋裁 : 大丸弘「西欧型服装の形成」を読む〕)

近代日本の導入した洋裁 : 大丸弘「西欧型服装の形成」
近代日本の導入した洋裁 : 1900年頃、近代日本は洋裁の色んな側面から、どの技術や物・部分を導入したか?このページでは、大丸弘『西欧型服装の形成―和服論の観点から―』をテキストに、近代日本が導入した洋裁の技術や物が何であったのかをまとめています。1900年というのは、和服の形が洋服に近づき始め、また、日本人が洋服に慣れ始めた大転換の時期です。

先週と今週で一番衝撃だったのは貫頭衣の説。貫頭衣は原始的な衣服で、布を縦長(多分)に使って、真ん中を頭部程度にくり抜いてザックリ被った上体衣です。

貫頭衣の印象

中国衣服史でも日本衣服史でも必ず、貫頭衣の説明から始まり、その脇下を縫うことで袖概念が発生したとか、前と後を割って(裁断して)縫うようになった(帯の発生につながる)とか、そういう説明が続くんだけど、「前と後を割る」という理屈が今まで分かりませんでした。これは後藤守一の説。

それに飛鳥時代には支配層たちは着てないし…(民衆レベルでは残ったはずだけど)。日本ではその後、中世には民衆レベルでもかなり消えたはず。

大丸論文では、貫頭衣はむしろ西洋で14世紀くらいまでは一般的な衣服だったそうです。そんな深い話聞いたことない(笑)。

貫頭衣からテーラリングへ : もっとも単純な挾体衣(貫頭衣)。いまだテーラリングは勃興を待っている…。大丸論文157頁

15世紀ヨーロッパの服装をみると、まだまだルーズだったことが分かります。”La morte di Adamo, dettaglio di Adamo e dei suoi figli circa 1452 affresco basilica superiore di San Francesco, Arezzo” via Quadri di Della Francesca Piero

根拠は毛織物。東アジアの絹織物よりもヨーロッパの毛織物の方が堅い・厚いので、裁縫技術から見るとヨーロッパは裁断に向かい、東アジアは縫合に向かいました。それが中世までの傾向だと…。だから、毛織物の西洋は広幅に織る方向に無かって、189センチというかなり長い織物幅を実現させたと…。なるほど。

となるとアジアでは「前と後を割る」という後藤説は間違っていて、「割っている」のではなく背中中心を縫ったのであって、前を打ち合わせて帯締めするという技術段階を想定できますね。

テーラリングの発生

そして、どこまで調べんねんと度肝を抜かれたのが、1375年のイギリスで開発された鋼鉄針。これによって毛織物を縫合する時に針が折れないという技術段階に到達したと…。そういう訳で、14世紀・15世紀には、いわゆる洋裁技術(tailoring テーラリング)の基礎ができはじめ、その後はアジアよりも優勢的な技術優位の段階に入ったと…。

日本を研究するためには、中国も欧州もいずれはアメリカも勉強しないと何も語れないことを再び痛感。

3冊目の本で、洋裁技術の西洋における確立、この点を追求せねばと思っていたので、かなり助かったけど、3冊目の本は大丸弘先生要約集みたいなものになりそうで怖い(笑)。

テーラリング獲得後の西洋人の記述

貫頭衣からテーラリング衣装を獲得した西洋人たちはしばしば東アジアを訪問して日記を残しています。ポルトガルから来日したジョアン・ロドリーゲスは『日本教会史』で西陣の集中した織機場の集中度を評価する一方で裁縫技術については未熟であると指摘しました(高田倭男『服装の歴史』255~256頁)。

貫頭衣の普及に並行した袖付けの発生

経済史が示す通り、糸・布・服の製作で最も大量生産が遅れたのは服です。この理由には、身体ごとに適正な衣服の大きさが変わることと、それを克服する伸縮性のある糸の開発やニット系衣料の進展が遅く、20世紀にまでずれ込んだことが挙げられます。

そのため、衣服史でひとつの重要な転換となるのがノー・スリーブ(袖無し)から袖が伸び始めた時期です。この転換によって服は一層、大量生産には不向きなものとなりました。もし袖無しのままならば服も量産化しやすかったからです。

衣服着用の基本 : 巻く・穴・輪(環)・穿く

田中千代の『世界の民俗衣装』によると、古代から衣服は巻く・穴・輪(環)・穿くという4つのどれかで着用されてきました。今でも基本は変わっていません。この4区分を2つにまで圧縮すると、巻くと穴に通すの2つになります。

つまり、古代を振り返ると衣服には巻いて着る場合と頭から被る場合がありました。ズボンやスカートの「穿く」も穴を通すのが脚というだけで、穴に通すという点では頭から被ることと同じです。

そして、スリーブの形が早期に定まったのは、巻くよりも穴に通すタイプ、つまり、東洋系の貫頭衣が原型です。

古代における袖付けの発生 : 中国は西洋より早い

袖無しから袖が「生える」芽生えの時期を中国とヨーロッパで比較すると以下のようになる。

  1. 紀元前1100年頃(中国・殷末期) : 既に袖あり。この時代の古代ギリシァには無かった。
  2. 紀元前510~31年(古代ローマ) : 身頃から裁ち出し袖の付いた衣服が西アジアから伝来。(裁ち出しは後で補足)

連袖ではない別裁ちの袖つまりセット・イン・スリーブが比較的早期に登場したのはヨーロッパです。

その後、中世の欧州絵画でよく見られる バッグ・スリーブ(袋のように膨らんだ袖口)や天使の袖(エンジエル・スリーブ)、肘あたりにスリットの入ったハンギング・スリーブ(フォア・スリー ブ)、肩で取り外しの効くディタッチャブル・スリーブなどが14~15世紀に開発されていきました。その後もヨーロッパではさまざまな袖がみられるようになます。

最後に補足を。「裁ち出し」とは「to cut out (a dress) from cloth」のことで「布から衣服を切り出す」こと。スリーブの場合は衣服の胴体部分と袖部分を同じ布から切り出すことです。具体的にはコウモリの翼のような袖で、ドルマン・スリーブキモノ・スリーブなどがあります。清朝期の旗袍や民国期の旗袍、それに日本の着物(小袖)のように身頃と袖が連なっている連袖は裁ち出しと同義に考えて差し支えありません。

まとめ

西洋に比べて中国は貫頭衣も袖付けも早期に採り入れられていました。しかし、14世紀頃から西洋は単なる袖付けを超えたテーラリング技術または裁縫技術を断続的に編み出していきます。

このように見てくると、私たちが単に洋裁技術と呼んできたのは体系ではなく漠然とした印象に過ぎなかったことが分かります。そして中国と西洋とを裁縫技術史上で見た場合に西洋が主導権を握っていくのは14世紀以降のことだったことが分かります。