Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Yves Saint-Laurent記事一覧

Yves Saint-Laurent

Yves Saint-Laurent : イヴ・サン・ローランは、20世紀後半の世界のファッション・リーダーの1人で、ディオール2世やモード界の帝王とよばれたパリのファッション・デザイナーです。⇒イヴ・サン・ローランの詳細

アンドレ・クレージュ : André Courrèges

アンドレ・クレージュ André Courrèges / Andre Courreges は機能性を重視した女性用軽装を推進した、前衛派の男性裁縫師・ファッション・デザイナー(1923-2016)。1965年のミニ・スカート(ゴーゴー・スカート)と平底ブーツ(ゴーゴー・ブーツ)、1967年の全身網タイツなどで有名ですが、他にも様々な革新性を持っています。

記事を読む

時代を先取りするスタイルの秘密 : マドンナ Madonna

時代を先取りするスタイルの秘密 : マドンナ『ハーパース・バザー日本版』2006年5月号(通算68号), Harper's Bazaar, May, 2006, No.068

記事を読む

ピエール・カルダン : Pierre Cardin

ピエール・カルダン Pierre Cardin は1960年代に宇宙服のデザインとライセンス戦略でオート・クチュール界を陳腐化させたデザイナー。その軽快で簡潔なデザインはアンドレ・クレージュと並んで称賛されます。無機質な素材を使った幾何学的ラインや大胆で独特なシルエットが特徴です。

記事を読む

La robe bainde soleil pour la ville : Saint Laurent Rive Gauche

イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ製のドレスです。街中のサン・ドレス。ローウエストでショートスカート。綿製のドレスに茶色とオレンジ色の細い縞柄のストラップ。サンローラン・リヴ・ゴーシュ(F 520)製。ヘアスタイルはガブリエル・ペラディー(リヨン)。写真はサン・ヴァンソン歩道橋で撮影。マイク・ラインハルト撮影。

記事を読む

イヴ・サン・ローラン : Yves Saint-Laurent

イヴ・サン・ローラン Yves Saint-Laurent は1936年にアルジェリアのオランで生まれたフランス人ファッション・デザイナーです(2008年没)。20世紀後半の世界のファッション・リーダーの1人とされ、ディオール2世やモード界の帝王とよばれたパリのオート・クチュリエ(裁縫師)。

記事を読む

トランス・ペアレント : trans parent

トランス・ペアレント trans parent とは「透明、透かし、透かし絵」の意味。 単に「透ける」というファッションは、古代エジプトなどで見られる。オーガンジー、シフォンといった素材や、それらを使った衣服を指す。シー・スルーと同義。

記事を読む

long & romantic evening “Smart Moves” Vogue Taiwan, 2007

long & romantic evening : 長而浪漫的夜晚 從古典浪漫的精神取材、設計師讓長禮服的波浪波瀾壯闊、搖曳著唯美的女性風采上身是薄紗的絲質晚禮服(Alexander McQueen)紫色印花露背洋裝、麂皮高跟鞋(Yves Saint Laurent)

記事を読む

モードの帝国

山田登世子『モードの帝国』を書評しています。20世紀末に訪れた高度消費社会のもとで、男性のモードが黄昏に向かったのと逆に、女性のモードは誘惑を増し、男女間の性の在り方(エロス)を変容させました。モードの帝国 は男女を形(表象)から捉えて、エロス変容の光景を語ります。

記事を読む

イヴ・サンローランのドレス : 1965年

ドレス : イヴ・サンローラン / イヴ・サンローランが1965年に発表したドレスです。このドレスは画家から着装を得たのでモンドリアン・ドレス(Mondrian Dress)と呼ばれます。『ヴォーグ』フランス版1965年9月号の表紙に掲載されました。このドレスの配色は5色ですから多いと言う印象です。

記事を読む

オート・クチュール : 自作自演の自称アート集団

オート・クチュールはフランス語で、日本語では「高級仕立店」や「高級衣料品」の意。狭義には「La Chambre Syndicale de la Couture Parisienne」に加盟し、組合規定の規模や条件を備えて運営されていた企業・店舗をさします。

記事を読む