タイツ記事一覧

タイツ

タイツ tights とはストッキングの一種ですが、そのうち比較的厚手のものをいいます。フランス語でマイヨやコラン。

ガーター : garter / 形態、種類、歴史など

ガーター garter とは靴下留めのことです。爪先から大腿以上を覆う靴下(長靴下つまりストッキング)と併用されます。形状は輪状とベルト状の2種に大別されます。昔は膝下の靴下を留めることもありましたが、今ではスポーツで使われるくらいに減っていて、多くは大腿部までの靴下を留めます。

記事を読む

ストッキング : 歴史と種類

ストッキング Stocking とは爪先から大腿部分を密着して覆う靴下のことで、主に編まれた靴下を指します。アングロサクソン語の木製編針(ストック stock =木の枝)を用いていたことが語源です。特に肌の色が透ける程度に薄手のものをストッキングと呼び、肌が透けないのはタイツといいます。日本語で長靴下、英語で hose または hosiery ともいいます。

記事を読む

La Panthère Ose Sensuelle et audacieuse

La Panthère Ose Sensuelle : お気に入りの広告写真を紹介しています。上から下までレオパルド一色に惹かれました。特にタイツの豹柄は皮膚そのものに見えるのでセクシーです(もろに男目線ですが…)。コサージュ刺繍の入ったヒョウ柄プリントのサテン地ドレス、ドレープ・スカート、タイツ、靴。ジバンシー・オート・クチュール製。

記事を読む

旗袍のスリット : 『新・上海グランド』陳数の旗袍

ガオ・シーシー監督のドラマ『新・上海グランド』(高希希『新上海灘』)から、出演女優の陳数の旗袍を紹介します。今回は最終回として陳数の旗袍をスリットからまとめます。今まで『新・上海グランド』の時代考証(歴史の再現)が低いと述べてきました。細部はともかくドラマ全体からみて最も目立つ違和感は旗袍のスリットの深さにあります。

記事を読む

ニットの種類とアイテム

ニットの種類は複雑多岐にわたります。スーツ、ブレザー、スラックス、スカートなどの外衣類から、下着類、手袋、帽子、水着などの類に至るまで幅広く用いられます。なお、jersey foundation(ジャージー・ファンデーション)は材料区分による用語です。19世紀までファンデーションの主材料はほとんど織物でしたが、20世紀には、織物より伸縮性において格段に優れた編物(ニット)で作られることが増えました。

記事を読む

ニット knit の包括的な説明 : 語源, 特性, 機械, 製品など

ニット knit は衣料品の中で位置づけの難しい物・言葉です。これは、一本の糸から布になる場合と衣料品になる場合に分かれるからです。ニット(編む)とは、イギリスのジャージー島(イギリス海峡)で漁夫のブルオーバーのセーター地に作られたのが用語の由来です。

記事を読む

時代を先取りするスタイルの秘密 : マドンナ Madonna

時代を先取りするスタイルの秘密 : マドンナ『ハーパース・バザー日本版』2006年5月号(通算68号), Harper's Bazaar, May, 2006, No.068

記事を読む

ブルー・ジーンズの文化史

ブルー・ジーンズの文化史 : ジーンズの歴史をリーヴァイ・ストラウス社の製品に絞って記したものです。ジーンズを愛する人が楽しく書いたのだなと感じる一冊です。ジーンズはアメリカのゴールドラッシュ時に炭坑夫の作業着でしたが、今や最も多く着用される衣料品であり、また、オークションにも頻繁に出品され落札されるヴィンテージ文化の代表的存在でもあります。

記事を読む

Need we say more? : Madonna in Cosmopolitan

"Need we say more?" in Cosmopolitan, Taiwan, 2015.06 (293). Madonna, Need we say more? commemorates to release her album "Rebel Heart". Photographed by Ellen Von Unwerth, Styled by B. Akerlund, Translated by Claire Tseng

記事を読む

女王の告白 : 帰って来た女王 マドンナの告白

女王の告白 : マドンナ 帰って来た女王 マドンナの告白 (『エル・ジャポン』2004年4月号)へのインタビューに併載された衣装を列挙しています。Photo: Gilles Bensimon, Styling: Arianne Phollips, Hair: Andy Lecompte for Solo, Artists Makeup: Gina Brooke for Caliente Beauty, Text: Marion Ruggieri, Model: Madonna

記事を読む