小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる

スポーティ

人物と企業

クロード・モンタナ:バルーン・シルエットで有名に

クロード・モンタナ:Claude Montana
2019.05.01
人物と企業

ギ・ラロッシュ:ディオール社3プリンスの一人

ギ・ラロッシュ Guy Laroche は、1921年にフランスのボルドー近郊のラ・ロシェルの牧畜業の家に生まれたファッション・デザイナー。「3プリンス」と呼ばれたクリスチャン・ディオール勤務を経て、1954年に渡米。ニューヨークの7番街で3年間、既製服の研究をしつつ、フリーランスとして活躍した。
2019.04.01
人物と企業

ラルフ・ローレン:新しいアメリカン・トラディショナル

ラルフ・ローレン Ralph Lauren は、1940年、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブロンクスに生まれたファッション・デザイナー。
2019.03.23
人物と企業

クリストバル・バレンシアガ:アンドレ・クレージュの師匠

お針子をしていた母の影響で、幼い頃から仕立に興味を持ちました。裁断と縫製は独学。20世紀になり、15歳で独立。セシル・ビートンはスペイン人のクリストバル・バレンシアガを「クチュール界のピカソ」と呼びました。
2019.04.03
人物と企業

ユベール・ド・ジバンシー:ヘップバーンの衣装を数多くデザイン

ジバンシーは大胆なスタイルでオート・クチュールを席巻したモードの神童と呼ばれます。1950年代・60年代にはオードリー・ヘップバーン映画の衣装デザインを担当しました。
2019.07.17
人物と企業

セリーヌ:子供靴専門店からスタート

1945年に子供靴の専門店からスタート。セリーヌ・ヴィピアナが夫と共同でパリに店をオープン。自分の子供のためにと、デザインを担当した妻の名が店名となった。セリーヌはブランド・マークの使用にも長けていた。
2019.03.23
ファッション用語集

スポーツウェア:競技用とカジュアルウェアに分化

20世紀になって、衣服がTPOで区別されるようになってから、スポーツ用の衣装として独立しました。それまでは世界中で仕事着と部屋着の区別が薄かったのです。
2019.06.17
人物と企業

ジャン・キャシャレル:Jean Cacharel

身につけたテーラー技術は婦人服製作に大きく活かされ、若さとスポーティ感覚で、フランスのスポーツウェア界の第一人者と目されるまでになりました。
2019.06.26
トピック

ヴォーグ:最古のファッション雑誌の特徴や略史と雑誌表紙の紹介

ヴォーグ Vogue は1892年にアメリカで創刊したファッション雑誌です。ファッション誌の代名詞になるほど有名な女性雑誌です。ヴォーグ は「流行や人気」の意味をもつことから、この雑誌は文字どおり新しい流行を先取りした流行雑誌ともいわれます。
2019.06.19
人物と企業

ジャン・シャルル・ド・カステルバジャック

ジャン・シャルル・ド・カステルバジャック Jean-Charles de Castelbajac は、1949年にモロッコのカサブランカで実業家の家庭に生まれたファッション・デザイナー。アンチ・モードの旗手とよばれるフランスの前衛的なプレタ・ポルテのデザイナー。
2019.02.15
タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php