shiho記事一覧

SHIHO

SHIHO : 1976年に日本の滋賀県草津市に生まれたファッション・モデルです。16才でモデルとして活動をスタート。1998年の森永「アロエ・ヨーグルト」のCM出演で注目を浴びました。 その後数々のCM出演や女性誌「セブンティーン」などの表紙を飾りました。2000年代は女子のファッション・リーダー、最近は「マリソル」(集英社)などでアラフォー・モデルとして活躍しています。サトルジャパン、スターダストプロモーションを経て、現在は株式会社SHIHOスタイル(公式サイトはこちら)。

アメリカン・スリーブ・カットソー, 2006

リゾートのワードローブに加えたい、大胆なリーフ・プリントのギャザー・スカート。ウッド・サンダルなどスパイシーな小物を合わせても。どこかフェミニンな印象に仕上がるのは、ふんわりシルエットのなせるワザ。リブ編みアメリカン・スリーブ・カットソー、リーフ柄ギャザー・スカート。

記事を読む

究極のワンピース, 2006

トレンドに敏感なルボン・ガールから「先シーズンからずっと気になっている」という声があがっていたのが普段使いのワンピース。でも「ワンパターンに陥りがちで…」「なかなかイメージが変えられない…」などの悩みも聞こえてきます。そこで”ルボン“は、スタイリスト、大西真理子さんにアドバイスをお願いし、毎日のワードローブに加えられ、通勤や休日にも活躍する究極のワンピースづくりに取りかかりました!

記事を読む

ウエストギャザー・タンク・ワンピース, 2006

ウエストギャザー・タンク・ワンピース, 2006 : ウエスト部分のギャザーは繊細なディテールを加えるだけでなく、お腹まわりをカバーしてくれる効果もあり。ほどよく厚みのあるジャージー素材だから、ドレープもきれいに。合わせる小物によって、カジュアルにもドレッシーにも着こなせて、さらにシワにもなりにくいので、旅に重宝する1枚です。

記事を読む

ツイード・タンク・ワンピース, 2006

ツイード・タンク・ワンピース, 2006 : ベーシックなシルエットだけど、素材にインパクトをもたせて今年らしく仕上げたワンピース。衿のデザインをボート・ネックにしているので、顔まわりをすっきり見せてくれます。またアーム・ホールのパターンを工夫したので腕がほっそり見えるのもポイント。

記事を読む

パフスリーブ・ワンピース, 2006

パフスリーブ・ワンピース, 2006 / 高めに設定したウエスト切り替えの両サイドにギャザーを施した、フェミニンでかつスタイルアップも狙える1枚。ジャージー素材だからきれベージュいな落ち感があり、体にフィットしながらも、ふんわりしたシルエットを保ちます。

記事を読む

ティアード・スカート, 2006

ともすればよそゆき感が漂うビジュートップスも。真っ白なコットンのティアード・スカートとならリッチ・カジュアルが完成。胸元のウッド・ビーズと同テイストのバングルやトングを合わせて、ただのカジュアルとは一線を画し、ウッド・ビーズ付きノースリーブ・ニット、レース使いティアード・スカート。

記事を読む

ヘンリーネック・Tシャツ, 2006

カーキのヘンリーネックTシャツの下に、白のリブ・タンクトップをのぞかせた。清潔感のあるレイヤード・スタイル。エスニック調のインパクト・ベルトがアクセントとなって、カジュアルでありながら風格を感じさせる。リブ編みヘンリーネック・カットソー、リブ編みアメリカン・スリーブ・カットソー、バミューダ・パンツ。

記事を読む

ドット・レース・キャミソール, 2006

はきなれたジーンズも、ドットレース素材のチュニックなど表情のある一枚を合わせれば、あらためて新鮮に着こなせるはず。胸下に切り替えの入ったスイートなシルエットのチュニックもシックなブラウンを選べば大人っぽく仕上がる。ドット・レース・チュニック、クロップド・ジーンズ。

記事を読む

ローゲージ・ニット, 2006

オール・ホワイトで完成させた、バカンスでもあえて肌を露出させない、品格のある着こなし柔らかく透けるローゲージのニット、足元をのぞかせたクロップド・パンツなど、さりげない抜け感が余裕を感じさせて、ローゲージ・Vネック・ニット、タンクトップ、裾ボタン付きクロップド・パンツ。

記事を読む

プリントジャージーワンピース : Shiho 2007

プリントジャージーワンピース : Shiho 2007 T.P.Oによって着こなしを変化させる… それがキャリア女性としての最低限の...

記事を読む