Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミニ・スカート記事一覧

ミニ・スカート

ミニ・スカート : 丈が膝あたりから上に設定されているスカートです。仕事着としては昔から穿かれていましたが、外出着では20世紀中期から着られるようになりました。

マルク・ボアン : ディオール3代目のデザイナー

マルク・ボアン Marc Bohan は、1926年にフランスのパリに生まれた、クリスチャン・ディオール3代目のファッション・デザイナーです。パリのリセ「Lakanal」卒業後の1945年、ロベール・ピゲのもとで修業を積みました。

記事を読む

旗袍 : 世界で最も知られた民族衣装の概説と歴史

旗袍 qipao とは、スーツを除けば旗袍は世界で最も知られた民族衣装です。スリット(開衩)、立領(詰襟、チャイナ・カラー)、斜め開きの襟(大襟)、首→右肩→右脇腹へ規則的間隔で留めるチャイナ・ボタンなどで有名なドレスです。旗袍の英語表記は qipao (チーパオ)。英語文献では長衫(cheongsam)、つまり長い着物と表記されることもしばしば。厳密にはチャイニーズ・ドレスですが、日本ではチャイナ・ドレスとよく呼ばれます。

記事を読む

モードの帝国 : 男性モードは黄昏に、女性モードは誘惑に

山田登世子『モードの帝国』を書評しています。20世紀末に訪れた高度消費社会のもとで、男性のモードが黄昏に向かったのと逆に、女性のモードは誘惑を増し、男女間の性の在り方(エロス)を変容させました。モードの帝国 は男女を形(表象)から捉えて、エロス変容の光景を語ります。

記事を読む

旗袍とミニ・スカートの関係 : 結論は未だ不明

旗袍とミニ・スカートの関係 : このページでは旗袍とミニスカート(ミニドレス)の関係を映画作品から考えています。チャイナ・ドレスのミニ・ドレス化は欧州でのミニの流行に直接影響を受けたのかどうか。

記事を読む

きもの自在 : 話し手 鶴見和子 / 聞き手 藤本和子

年齢を重ねることは、衣食住の生活の隅々に人々との出会いの物語が豊富に重なっていくことです。鶴見さんは藤本さんとの対談をつうじて、着物のの暮らしのなかで人とのデイあの物語の一端を語ります。

記事を読む

バック・ダンサー ELEVENPLAY の衣装 : 星野源「恋」

星野源「恋」のプロモーション・ビデオに出ているバック・ダンサー ELEVENPLAY の衣装が可愛くて、私の教え子が「いつ頃の?」と気になっていたので、彼女の意見や感想を聞きながら調べてみました。ELEVENPLAYのダンサー用衣装を担当するYae-ponの情報が分からないので、推測で時期確定をしたいと思います。キーパーソンはオードリー・ヘプバーンです。

記事を読む

ゴーゴー・ブーツ : アンドレ・クレージュの衝撃

ゴーゴー・ブーツ : アンドレ・クレージュの1964年春コレクションは世界中のファッション業界に衝撃を与えましたが、最大の革命だったのは服よりもむしろ靴でした。彼の制作したゴーゴー・ブーツは、踵が低く脹脛(ふくらはぎ)高さのブーツ。白のプラスチック製で、装飾は上部の近くにはっきりした切り抜き溝があるだけでした。

記事を読む

ブーツ : boots 言葉の説明~どこからがブーツ?

靴の一種ブーツの歴史や種類を説明しています。ブーツ boots とは深靴・長靴のこと。足の踝(くるぶし)よりも深くカバーする靴のこと。踝よりも下までの靴はシューズ(shoes)、短靴。素材には、革、布、ビニール、ゴムなどが用いられます。

記事を読む

ユニセックス unisex : Looks, Twiggy, LGBT, etc…

ユニセックス unisex とは男女の性が結合された状態を意味し、モノ・セックス(単一の性)、ノン・セックス(性無し)も同義。トランス・セクシャル・ファッションとも呼ばれ、男女の性別を超越したファッションの総称です。

記事を読む

ミニ・スカートの考案者 : クワントかクレージュか…あるいは?

ミニ・スカートの考案者 : イギリスのマリー・クワントだと言われます。たとえば、1950年代後半からロンドンでDolly Birdと呼ばれた女子たちが既製スカートの丈を自分で短くする流行を受け、1958年頃にマリー・クワントは最初のミニ・スカートを販売したようです。ただし、男女を問わず人類は、貫頭衣を着ていた時代から既に膝頭を出してミニのドレスやスカートを着ていたのですから、本当の開発者は古代人といわねばなりません…。ここでは、戦後のミニ・ドレスやミニ・スカートはどのように搭乗してきたのかという点に絞って見ていきます。

記事を読む

1 2 3