Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Marina Vlady記事一覧

Marina Vlady

Marina Vlady マリナ・ヴラディは1938年にフランスで生まれた女優です。ブロンドの巨乳ゆえ二人目のブリジット・バルドーとみられる場合もありますが、演技力が凄いです。1963年のカンヌ映画祭では「女王蜂」での驚異的な演技力が評価されて最優秀女優賞を受賞しました。⇒「マリナ・ヴラディ : Marina Vlady

マリナ・ヴラディ

マリナ・ヴラディ Marina Vlady via Près d’un million d’euros pour la vente Marina Vlady

March 08 2018 : アマゾンから怪しい梱包で…

March 08 2018 : アマゾン提携古書店から非常に怪しい梱包でたくさん本が到着。全部で2500円もかからなかったかな。開けると色々。エッフェル塔、映画衣装、ゴダール映画をキーワードにアマゾンで買いあさっています。配送料を節約しようと思って、アマゾンの古書店をある程度限定してから注文と思いました。が…

記事を読む

「映画芸術」1969年1月号 : 都会のスカートをめくると…

「映画芸術」1969年1月号 : 京都の古書店から購入。さすが京都。49年前のものです。といってもアマゾンで注文。あの長ったらしい「彼女について私が知っている二、三の事柄」の脚本が全文収められているという無茶振り。キャッチフレーズがおもろすぎる。都会のスカートをまくりあげれば…(以下省略)

記事を読む

彼女について私が知っている二、三の事柄 : 彼女とは女優とパリ

彼女について私が知っている二、三の事柄 : この映画は、1960年代パリの都市再開発と、分断されて枯れ切った住民の生活とを、マリナ・ヴラディという団地妻・主婦の日常から描いた作品です。ゴダールの映画が物語からエッセイに変わった最初の作品とされています。

記事を読む

映像と言語 : 主婦マリナ・ヴラディの日常から

映像と言語がぶつかり合う時代、それが20世紀半ばの欧米地域に生じていたとしたら? マリナ・ヴラディという主婦の日常から映像と言語の関係を考えましょう。

記事を読む

ルイ・フェロー : Louis Feraud

ルイ・フェロー Louis Feraud はフランスのアルルに生まれたファッション・デザイナー(画家も)です。1949年にカンヌで開業。カンヌ映画祭に来る映画スターたちを顧客にしました。第2次大戦中に対独レジスタンス運動に加わり投獄。獄中でデザインや裁縫を勉強しました。1960年代にヌーベル・バーグといわれたデザイナーの1人です。

記事を読む

マリナ・ヴラディ : Marina Vlady

マリナ・ヴラディ Marina Vlady は1938年にフランスのクリシーに生まれた女優。キャリア形成のなかで、フランス映画とイタリア映画の両方に出演してきた事実は大きいです。ジャン・リュック・ゴダールやクリスチャン・ジャークといった独特なヨーロッパ最有力監督たちの作品でも、冷淡なキャラクターや辛辣なキャラクターを怯まずに演技しました。

記事を読む