Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Maggie Cheung記事一覧

Maggie Cheung

Maggie Cheung : マギー・チャン(張曼玉)は香港出身の女優でイギリスと香港で育ちました。1964年生まれ。
マギー・チャン

女性の多くは成熟した女性に憧れる : マギー・チャン

ある人が尋ねました、「どのようにすれば女性はあなたのようになれますか?」名前、趣味、結婚、愛、そして自由がそれを全て説明します。男性のために、エレガントで成熟したマギー・チャンを賞賛し、その女性性を賞賛することは男性の心理的年齢の流域です。

記事を読む

マギー・チャン : Maggie Cheung 張曼玉

マギー・チャンは中学校卒業後に香港に戻り、モデル業をはじめて雑誌やコマーシャルに出演しました。無垢な少女から艶やかな女性まで、いろんな輝度を出せる女優として成長していきました。出演映画は100本近くを数え、受賞した賞も数え切れません。女優ではウォン・カーウァイ作品最多出演を誇る常連になりました。

記事を読む

ヴォーグ: VOGUE

ヴォーグ Vogue は1892年にアメリカで創刊したファッション雑誌です。ファッション誌の代名詞になるほど有名な女性雑誌です。ヴォーグ は「流行や人気」の意味をもつことから、この雑誌は文字どおり新しい流行を先取りした流行雑誌ともいわれます。

記事を読む

旗袍 : 世界で最も知られた民族衣装の概説と歴史

旗袍 qipao とは、スーツを除けば旗袍は世界で最も知られた民族衣装です。スリット(開衩)、立領(詰襟、チャイナ・カラー)、斜め開きの襟(大襟)、首→右肩→右脇腹へ規則的間隔で留めるチャイナ・ボタンなどで有名なドレスです。旗袍の英語表記は qipao (チーパオ)。英語文献では長衫(cheongsam)、つまり長い着物と表記されることもしばしば。厳密にはチャイニーズ・ドレスですが、日本ではチャイナ・ドレスとよく呼ばれます。

記事を読む

花様年華の旗袍 : コメント集

花様年華の旗袍 : ウォン・カーウァイ監督の映画「花様年華」は主人公の蘇麗珍(マギー・チャン演)や女性大家たちがたくさん着用した映画として有名です。これを受けて同映画の評論には旗袍に言及したものがたくさんあります。このページではそれらの言及を著書別に紹介します。

記事を読む

旗袍の附属品 : ボタン、領、下衣、上衣など

旗袍に組み合わされるオプション、アイテムを簡単に紹介しています。

記事を読む

花様年華 : 映画の概要・特徴・旗袍

花様年華 in the mood for love は中国・香港の映画監督王家衛(ウォン・カーウァイ)の作品で、2000年に公開されました。主演女優と助演女優は、合わせて20着を超える旗袍を着たことで話題を呼びました。除幕をはじめ、濃厚な赤色はこの映画の一つの主題です。途中で主演女優が赤のコートを着ていました。主演俳優と逢瀬を続ける密会場所へは赤のカーテンが並んだ廊下を歩きました。原作は、短編を得意とする香港の小説家劉以鬯( Liu Yichang)の『對倒』。

記事を読む

マギー・チャンの旗袍 : 「花様年華」にみる香港の回顧的身体

この映画『花様年華』で蘇麗珍を演じたマギー・チャン(張曼玉)は一つの確固たる役割を作りました。この作品は1920年代上海を60年代香港に再現したものですが、蘇麗珍という登場人物、張曼玉という女優、長衫(旗袍)という衣装によって、その再現が実現しました。

記事を読む

香港の旗袍 : 「花様年華」の全ては旗袍から始まる

香港の旗袍 : 「花様年華」の全ては旗袍から始まる : この記事は、姜鑫『春光映画 王家衛』中国广播电视出版社, 2004年、152~153頁<由旗袍開始>を翻訳・補足したものです。これは王家衛(ウォン・カーウァイ)監督の映画『花様年華』を述べたエッセイで、同監督の作風に触れながら、1960年代香港に成立した花様年華の意味を見事に捉えたものです。 香港の旗袍に特有の意味を感じて下さい。

記事を読む

ラオミャオジュエリー : マギー・チャン PLATINUM

ラオミャオジュエリー : 2005年11月、上海へよく行っていた時期に宝石店で頂いたパンフレットを紹介します。当時に行った南京東路ではマギー・チャンの写ったラオミャオジュエリー店の巨大壁広告が目立ちました。後に紹介するPlatinum社の宝石を扱っていました。2枚目のパンフレット左側と同じ写真です。

記事を読む