Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Madonna記事一覧

Madonna

Madonna : マドンナは1958年に米国で生まれた歌手です。「マテリアル・ガール」や「ライク・ア・ヴァージン」で一躍有名になり、1990年代はポップス、2000年代からはラップを取り入れた音楽を作っています。⇒マドンナの詳細

フェティシズム : fetishism

フェティシズム(略してフェチ)とは「迷信の対象、盲目的崇拝の対象、呪物対象」などの意です。また「部分的な物や切り離された物への愛着」の意味もあります。フェティシズム(fetishism 呪物崇拝)が極度になれば「性的倒錯」「異常性欲」の意も持つといわれてきました(その批判は後述)。

記事を読む

キャット・ウーマンの衣装 : ミシェル猫とハル猫の比較

キャット・ウーマンの魅力は夜に活動する怪しい雰囲気にあります。バットマンと共演するバージョンでは彼とくっついたり離れたり、人間関係(あるいは動物関係)も映画の味を出しています。ミシェル・ファイファーとハル・ベリーがキャット・ウーマンの衣装はどんなものかを探ります。

記事を読む

デニム・バイブル : グラハム・マーシュほか

デニム・バイブル : 本書はデニム・パンツ(ジーンズ)の歴史を述べた本です。リヴェット等のデニムの細部にこだわった記事から掘り起こし、肉体労働者向け衣料品から始まったデニムの歴史を現代にまで展開。時代ごとに章立てされていて、大半はデニムの写真や着用者の写真で埋められています。章冒頭に時代背景の説明、本文の多数の写真に簡潔な説明があります。

記事を読む

ジーンズ : jeans

ジーンズまたはデニムとよばれるものを説明しています。

記事を読む

マドンナ Madonna : セックス・シンボルの表現を変えた大スター

マドンナ Madonna は1958年に米国ミシガン州デトロイト郊外のベイ・シテに生まれた歌手・女優です。マリリン・モンローの再来と呼ばれましたが、マドンナは時代とともにセックス・シンボルの表現法を変えて自分のスタイルを潰していくパフォーマンスと感覚の高さを特徴をしています。

記事を読む

マドンナ生誕60年

8月15日から2泊で実家に帰省していると、MTVが「マドンナ MUSIC VIDEO HISTORY」を放映していました。19時から24時まで、ひたすらプロモーション映像ばかりを流す贅沢ぶり。余計な解説が無く、マドンナの昔の曲から最近の曲まで、一気に堪能できました。

記事を読む

時代を先取りするスタイルの秘密 : マドンナ Madonna

時代を先取りするスタイルの秘密 : マドンナ『ハーパース・バザー日本版』2006年5月号(通算68号), Harper's Bazaar, May, 2006, No.068

記事を読む

オーファンターン・バレリーナの伝記映画を監督 : マドンナ Madonna

マドンナ Madonna は映画「Taking Flight」を監督するようMGM社から打診されてきました。これは伝記映画で内戦中にシエラレオネ共和国内で孤児として成長した有名なバレリーナ、ミケーラ・デプリンスの実話に基づいています。このスクリプトは彼女の養母エレーン・デプリンスと共著したミケーラの回顧録「Taking Flight: From War Orphan to Star Ballerina」を原作にしています。

記事を読む

エル : Elle

エル Elle は1945年にフランスで創刊された女性向けファッション雑誌です。当初は週刊誌で、婦人服・子供服のデザイン、編物、手芸その他の一般記事も多く載っていました。Elleはフランス語で「彼女」の意味。この雑誌は服の選び方,着こなしなどに独特のセンスがあり、洋服のカラーは〈エル・カラー〉として高く評価されています。

記事を読む

モード・イン・ハリウッド : 映画衣装の入門書として最適

『モード・イン・ハリウッド』は、ハリウッド映画と衣装の見えないドラマを掘り起こして、ファッション業界誌「繊研新聞」にサタデー・スペシャルとして連載を続けている一部をまとめた本です。映画のクレジットにデザイナー名は出てきますが、きちんと映画を論じた批評や評論に服飾を焦点にしたものはほとんどありません。映画と衣装の関係を知りたい場合、この本から出発するのがお勧めです。

記事を読む