Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Hiroshi Daimaru記事一覧

Hiroshi Daimaru

Hiroshi Daimaru : 大丸弘は「衣生活とその周辺の比較生活史」を専門分野とし、「身装文化デジタルアーカイブの構築」を精力的に行ってきた文化人類学者、服飾史家です。世界中のファッション史に精通しています。
大丸弘 Hiroshi Daimaru

キモノ・スリーブ : 日本での誤用とその背景

キモノ・スリーブ kimono sleeve は分かりにくいファッション用語の一つです。日本の服飾文化が西洋を基準に形成されてきたことは広く知られる通りですが、それが用語上の大きな問題を誘発しています。そもそも袖は日本のファッション用語・服飾用語で最も混乱している一つです。 ここではキモノ・スリーブの日本での誤用をはじめ、キモノ・スリーブを取り巻くファッション用語を整理します。

記事を読む

ニュー・キモノ

ニュー・キモノ : 新たな発想で制作された現代和服の総称です。ニュー・キモノが着物として認識されるのは、着物の普遍要素・不変要素たる、袂のある広袖、平肩の袖(連袖)、打ち合わせの裾を含むためです。商品として根拠とされるのは既製服で安価なもの。20世紀を通じて極端にフォーマル化された着物とは異なる商品戦略の上にニュー・キモノは成立しています。

記事を読む

日本人のすがたと暮らし 明治・大正・昭和前期の「身装」

日本人のすがたと暮らし 明治・大正・昭和前期の「身装」 : 近代化における日本人のすがたと暮らしの実態をテーマ別に再現した本です。1項目が約2頁で収められているので読みやすい。著者2名は衣服史を最も深く理解した研究者で、本書の刊行計画を知ってから私は1年以上、待ち望みました。

記事を読む

旗袍の洋服化 : スリム化とボディ・コンシャス化

旗袍の洋服化 : このページでは、中華民国期(以下、民国期)に生じた旗袍の洋服化を述べています。旗袍が導入した洋裁技術内容について、スリム化およびボディ・コンシャス化の観点からまとめています。清朝期旗袍にみられた防寒用綿入の習慣が民国期に消滅したことはスリム化とボディ・コンシャス化の大きな前提条件となっています。和服も同様です。

記事を読む

旗袍の変容 : 近代化に関する諸説とその限界

民国期の旗袍は洋服や洋裁技術から影響を受けました。清朝期の旗袍から民国期の旗袍へ変容した点を述べた諸研究の傾向をまとめ、そこから分かる「 旗袍変容の諸説と限界 」を指摘しています。その上で、閉塞的な研究状況を打開する観点を述べています。

記事を読む

中森明菜 Desire : ニュー・キモノの例

中森明菜は Desire の曲だけ、テレビでもシングル・レコードのジャケットでもニュー・キモノを着ていました。しかし、中森明菜を例に出してニュー・キモノがブームになったとか、今後も着物・浴衣の復活可能性はあるとか言われても、薄幸・明菜のファンだった私としては…

記事を読む

世界旅行 民族の暮らし 着る・飾る

民族衣装の本はいくつか持っているので不要かと思いながら確認すると、責任編集者に大丸弘と記されているので迷わず購入。出版された1982年当時、国立民族学博物館の新進気鋭を集めた図鑑であり、硬質な論文集でもあります。

記事を読む

近代日本の導入した洋裁 : 大丸弘「西欧型服装の形成」

近代日本の導入した洋裁 : 1900年頃、近代日本は洋裁の色んな側面から、どの技術や物・部分を導入したか?このページでは、大丸弘『西欧型服装の形成―和服論の観点から―』をテキストに、近代日本が導入した洋裁の技術や物が何であったのかをまとめています。1900年というのは、和服の形が洋服に近づき始め、また、日本人が洋服に慣れ始めた大転換の時期です。

記事を読む

着物の写真 1933年 をみて思うこと…

着物の写真 : 経済史、日本経済史などの研究で写真を安易に使うと、非常に恣意的で説得性の無いことが生じます。その事例としてペネロピ・フランクスの論文で取り上げられた1933年の着物の写真を紹介し、その論文を批判しています。着物の写真を見せたところで、着物着用の根強さを述べたことにはなりません。

記事を読む

和服の洋服化 2 : 綿入の消滅とテーラリング化

和服はチョゴリ、旗袍、アオザイ等と同様に、洋裁の導入で変化した民族衣装の一つです。ここでは特に和服の洋服化を簡単にまとめ、その内、変化要素の一つである綿入の消滅を中心にスリム化&ボディ・コンシャス化の点からまとめています。

記事を読む