モード史を学ぶマストブック10冊

映画「グランドマスター」

「グランドマスター」はウォン・カーウァイ監督の映画の題名です。この映画はイップマンという実在のカンフーマスターの半生を熱くかつ淡々と描いたものです。色んなキャストが繰り出す色んなカンフーと表情やインテリアまでもが見ものです。

人物と企業

ウィリアム・チャン(張叔平):王家衛映画のデザイナー

ウィリアム・チャン(張叔平)は香港を代表する美術監督。ウォン・カーウァイ(王家衛)の作品に大きな貢献をしてきた衣装デザイナーで、台湾女優のブリジット・リン(林青霞)が唯一安心できる衣裳担当としても知られます。
2019.06.07
日記

ウォン・カーウァイ映画に出演したキャスト一覧

ウォン・カーウァイ監督の映画に出演したキャストを写真入りで紹介しています。縦に俳優名、横に作品名を公開順に並べています。俳優の写真は全部同じものばかり使っている点、ご了承ください。いずれもウォン監督作品からのキャプチャです。
2019.06.07
人物と企業

トニー・レオン(梁朝偉):王家衛監督の評価は「目だけで語れる男」

トニー・レオンは1962年6月27日、中国・広東省に生まれた映画俳優です。香港の貴重な映画スターで世界的に有名です。ウォン・カーウァイ作品では最多出演を誇る常連で、トニー・レオンに対するウォン監督の評価は「目だけで語れる男」。
2019.03.23
人物と企業

チャン・ツーイー(章子怡):チャン・イーモウ育ちの小鞏俐

チャン・ツーイー(章子怡)は1979年に中国の北京に生まれた映画女優です。さまざまな役柄をこなせる演技力抜群の女優。ウォン・カーウァイ監督作品で初参加となった「2046」では20代女性の強さと脆さを極限まで表現。
2019.06.15
写真批評

王家衛映画「グランドマスター」にみる旗袍

ウォン・カーウァイ(王家衛)監督『グランドマスター』から旗袍(チャイナ・ドレス)の場面を集めました。旗袍は中華圏の代表的な衣装でした。私はこの映画に見られる様々な旗袍を紹介します。
2019.06.07
映画批評

グランドマスター(王家衛の映画):概要・カンフーの意味・旗袍

グランドマスター : この映画は現実のカンフー(葉問)が映画のカンフー(李小龍)に転換する時代を描いた作品です。一つの時代が終わったことを感じました。周知のように、この映画は、ブルース・リー(李小龍)の実際の師匠だったイップ・マン(葉問)を取り巻く、厳しい時代の中国カンフー史(功夫史)が題材です。極寒でも映像は熱いです。雪が綺麗でした。
2019.03.23
映画批評

出演女優別にみた映画「グランドマスター」の旗袍

今日は2013年公開、王家衛監督の「一代宗師」(グランドマスター)の中の旗袍(チャイナドレス)を紹介します。 グランドマスターの旗袍 はかなり丁寧に正確に作られています。映画の時代背景は1940年代の上海・香港。
2019.04.17
トピック

連袖旗袍の運動性:接袖旗袍の失ったもの

連袖旗袍の運動性 : 欧米化の勢いは連袖旗袍という素晴らしい一面を奪いました。連袖旗袍には高い運動性が備わっています。撫肩に合う、若く見えるという利点以外に、高い運動性は余り指摘されません。1920年代から40年代にかけて、旗袍は劇的に変化しました。このページでは20世紀中後期を対象にした映画から連袖旗袍を紹介します。
2019.03.23
footer-insert.php