産前から産後まで。長く活躍するマタニティウェア&授乳服

ゴダール映画の作品と出演者たち

映画批評

ゴダール「女は女である」:分断された映画に帰結のある珍しい場面

2019.10.16
映画批評

彼女について私が知っている二、三の事柄:彼女とは女優とパリ

彼女について私が知っている二、三の事柄 : この映画は、1960年代パリの都市再開発と、分断されて枯れ切った住民の生活とを、マリナ・ヴラディという団地妻・主婦の日常から描いた作品です。ゴダールの映画が物語からエッセイに変わった最初の作品とされています。
2019.10.16
批判と理論

主婦ジュリエットの日常から映像と言語の関係を考える

映像と言語がぶつかり合う時代、それが20世紀半ばの欧米地域に生じていたとしたら? マリナ・ヴラディという主婦の日常から映像と言語の関係を考えましょう。
2019.06.23
映画批評

1990年にベルリンの壁が取り払われドイツ統一が実現した後、仕事を失い一人旅へ出ます。レミーは旅先のホテルのメイドに尋ねる、「君も自由を選んだのかね」
2019.10.16
タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php