Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Gabrielle Chanel記事一覧

Gabrielle Chanel

Gabrielle Chanel : ガブリエル・シャネルは、1883年にフランスのオーベルニュ地方のソミュールに生まれたファッション・デザイナー。「ココ・シャネル」、「グランド・マドモアゼル」と愛称された20世紀最大級のデザイナーです。シャネルは唯一のスタイルしかもたなかったといわれることが多く、シャネルの真髄は近代生活に適した実用性と機能性、そして遊び感覚に尽きます。

ガブリエル・シャネル

リリー・ローズ・デップ : Lily-Rose Depp

リリー・ローズ・デップ Lily-Rose Depp は1999年5月27日にフランスのパリに生まれた女優・モデルです。リリー・ローズはアイメイク派なのかリップメイク派なのか…。

記事を読む

イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ : Inès de la Fressange

イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ : Inès de la Fressange イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ : フランスのヴァール県ガッ...

記事を読む

Robe courte, “Romance Gothique” : ロマンス・ゴシック

Robe courte en cordages de soie et satin scuba, Burberry Prorsum. Top en dentelle de soie, et sac boite tete de morts brodée, Alexander McQueen Ras-de-cou em cristal et strass, et boucles d'oreilles, Lanvin. Torque et ras-de-cou, Tom Binns. Camées sur or faune, Au Vase de Delft et Dary's. Collier chaine en or jaune, Bottega Veneta...

記事を読む

Chanel : The Couturiere at Work

本書はガブリエル・シャネルのデザインした衣服を時系列に追った作品の歴史です。写真は半分がガブリエル本人の着用写真、半分が他の人々の着用写真。イラストも少し載っています。写真・イラストは1頁あたり1~2点。画像資料の多さに負けずたくさん説明があり解説が鋭いです(後述)。英語なのでちょっとしんどいですがお勧めです。

記事を読む

February 21, 2018 : シャネルの伝記10冊の書評書き

February 21, 2018 : 今日はこの12冊のシャネルの伝記のうち10冊の書評書き。1,500字ずつほどで4時間。似た話が多くてかなり吐き気(笑) 3冊ほどまともなものごあったけど、記憶が遠い…。とりあえずそれぞれの特徴は出したつもり。

記事を読む

シャネルの三色イヴニング・ドレス : 1938-1939年

このドレスはガブリエル・シャネルが1938年から1939年にかけて制作した三色のイヴニング・ドレスです。ミシン縫製されたツー・ピースです。第2次世界大戦勃発前のシャネル最後のショーに登場しました。スポーツウェアをエレガントなイヴニング用に発展させ、シンプルですが魅力的。

記事を読む

ガブリエル・シャネル : Gabrielle Chanel

ガブリエル・シャネル Gabrielle Chanel は、1883年にフランスのオーベルニュ地方のソミュールに生まれたファッション・デザイナー。「ココ・シャネル」、「グランド・マドモアゼル」と愛称された20世紀最大級のデザイナーです。シャネルは唯一のスタイルしかもたなかったといわれることが多く、シャネルの真髄は近代生活に適した実用性と機能性、そして遊び感覚に尽きます。

記事を読む

ロラン・バルト モード論集

ロラン・バルト『ロラン・バルト モード論集』を書評しています。大著『モードの体系』よりも噛み砕いてわかりやすい、ロラン・バルトの初期のモード論集です。シャネルとクレージュを対決させたエッセイ「シャネルvsクレージュ」は、歴史と未来との対決であったり、また伝統と変革のそれぞれ両義性として現れたりと、読み応えがありました。

記事を読む