アパレル提携ショップのセール案内はこちら

フェミニン

お得情報と関連ニュース

セレーナゴメス最新コレクション

プーマオンラインストアより「SG×PUMA “Strong Girl“ セレーナゴメス最新コレクション」に関する案内をいただいたので紹介します。 SG×PUMA “Strong Girl“ セレーナゴメス最新コレクシ...
2019.04.23
写真批評

ベルト付きシャツ・ワンピース:2006年

ベルト付きシャツ・ワンピース, 2006 / 堅いイメージのあるシャツ・ワンピースに、パッチ・ポケットをつけて今年らしいサファリテイに仕上げました。上下に同系色のグログラン・リボンをたたきつけたベルトがアクセントとなって、まじめに見えがちなシャツタイプに表情を与えてくれます。
2019.04.17
写真批評

ゼブラ柄ワンピース:シフォン素材で軽やかな印象に

ゼブラ柄ワンピース : 繊細なモノトーンのゼブラ柄も透け感のあるシフォン素材で軽やかな印象に。一枚で着るとフェミニンなワンピース。細身のインナーにレギンスを合わせ、コート風にサラリと羽織ればこんなにもこなれた着こなしに。海外セレブ風の着くずしたカジュアルがカッコイイ。
2019.04.17
写真批評

アメリカンスリーブ・カットソー, 2006

リゾートのワードローブに加えたい、大胆なリーフ・プリントのギャザー・スカート。ウッド・サンダルなどスパイシーな小物を合わせても。どこかフェミニンな印象に仕上がるのは、ふんわりシルエットのなせるワザ。リブ編みアメリカン・スリーブ・カットソー、リーフ柄ギャザー・スカート。
2019.04.17
写真批評

究極のワンピース:「REBONDIR」モデルSHIHO

トレンドに敏感なルボン・ガールから「先シーズンからずっと気になっている」という声があがっていたのが普段使いのワンピース。でも「ワンパターンに陥りがちで…」「なかなかイメージが変えられない…」などの悩みも聞こえてきます。そこで”ルボン“は、スタイリスト、大西真理子さんにアドバイスをお願いし、毎日のワードローブに加えられ、通勤や休日にも活躍する究極のワンピースづくりに取りかかりました!
2019.06.18
写真批評

ツイード・タンク・ワンピース, 2006

ツイード・タンク・ワンピース, 2006 : ベーシックなシルエットだけど、素材にインパクトをもたせて今年らしく仕上げたワンピース。衿のデザインをボート・ネックにしているので、顔まわりをすっきり見せてくれます。またアーム・ホールのパターンを工夫したので腕がほっそり見えるのもポイント。
2019.04.17
写真批評

パフスリーブ・ワンピース:SHIHO(2006)

パフスリーブ・ワンピース, 2006 / 高めに設定したウエスト切り替えの両サイドにギャザーを施した、フェミニンでかつスタイルアップも狙える1枚。ジャージー素材だからきれベージュいな落ち感があり、体にフィットしながらも、ふんわりしたシルエットを保ちます。
2019.04.17
人物と企業

ドルチェ・アンド・ガッバーナ:行き当たりばったり感を隠せない

ドルチェ・アンド・ガッバーナ Dolce and Gabbana はイタリアのミラノに創業した既製服ブランドまたはデザイナーズ・ブランドです。創業者兼デザイナーはドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナの2人。1980年にドルチェとガッバーナはミラノのファッション・デザイナーの店舗で知り合いました。
2019.05.19
人物と企業

ダイアン・フォン・ファステンバーグ

ダイアン・ファーステンバーグ Diane Furstenburg は、ベルギーのブリュッセルに生まれたファッション・デザイナー。公式サイトでは「Furstenberg」とも。ニューヨークで活躍し、「ココ・シャネル以来、最も成功した女性」(『ニューズ・ウイーク』76年9月号)と言われた。
2019.03.23
タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php