Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

女性美基準記事一覧

女性美基準

女性美基準 : 中世から20世紀にかけて女性美の基準はオー・ライン(O line)から変化してきました。特に20世紀になってからはエー・ライン(A line)、エイチ・ライン(H line)、エックス・ライン(X line)が混在するようになりました。イラストや写真などの資料を見ながら、女性美基準の変化を少しずつ掴んでいって下さい。

旗袍 : 世界で最も知られた民族衣装の概説と歴史

旗袍 qipao とは、スーツを除けば旗袍は世界で最も知られた民族衣装です。スリット(開衩)、立領(詰襟、チャイナ・カラー)、斜め開きの襟(大襟)、首→右肩→右脇腹へ規則的間隔で留めるチャイナ・ボタンなどで有名なドレスです。旗袍の英語表記は qipao (チーパオ)。英語文献では長衫(cheongsam)、つまり長い着物と表記されることもしばしば。厳密にはチャイニーズ・ドレスですが、日本ではチャイナ・ドレスとよく呼ばれます。

記事を読む

アンドレ・クレージュ : André Courrèges

アンドレ・クレージュ André Courrèges / Andre Courreges は機能性を重視した女性用軽装を推進した、前衛派の男性裁縫師・ファッション・デザイナー(1923-2016)。1965年のミニ・スカート(ゴーゴー・スカート)と平底ブーツ(ゴーゴー・ブーツ)、1967年の全身網タイツなどで有名ですが、他にも様々な革新性を持っています。

記事を読む

グレタ・ガルボ : Greta Garbo 黄金時代の名女優

グレタ・ガルボ Greta Garbo (1905-1990) は、スウェーデンのストックホルム生まれの映画女優です。ハリウッドではMGM社の代表的な女優となり、ギルバート・エイドリアンが多くの衣装デザインを担当しました。私には、後のカトリーヌ・ドヌーヴ、林青霞、岩下志麻に繋がります。

記事を読む

初期形態からの変態 : ベンヤミンのモード

ベンヤミンのモード : ヴァルター・ベンヤミン(Walter Benjamin)の『パサージュ論』は未完成の著作物で、近代パリ、または19世紀の首都パリに関わる事柄をテーマ別に分けた引用集とメモ帳から成り立っています。この内、Bのテーマとして「モード」(MODE)があります。このページでは、[BI, 2]に記されたメモ書きを衣装史的に辿ります。

記事を読む

サイクリング時の裾のまくれ : ベンヤミンのモード 3

サイクリング時の裾のまくれ : ヴァルター・ベンヤミン Walter Benjamin は『パサージュ論』の中で、19世紀パリ女性が自転車に乗る姿を繰り返し述べています。このページではシャルル・ヴェルニエ(Charles Vernier)という画家の二つの絵をめぐって、ヴァルター・ベンヤミンのいう《サイクリング時の裾のまくれ》について当時の絵とともに確認します。

記事を読む

女性美基準の変化 : ヨーロッパの絵にみる強調箇所の推移

女性美基準の変化 : このページでは、中世から20世紀初頭までの絵を数点みて、ヨーロッパの女性美基準がどう変化したかを概観しています。身体の輪郭や強調箇所は時期によって異なります。腹部が強調された時代から男性風平坦(flat boy-like)に至る時代までを大まかに見ていきましょう。

記事を読む

1924年頃のエンベロープ・キャミソールや他の下着

バタリック(Butterick Patterns)が1924年に刊行した下着のカタログが紹介されています。1910年代と1920年代の女性美基準は「flat boy-like」(男性風平坦)と言われますが、どの程度までそうなんだろうと思って読んでみました。コンビネーションやキャミソールがイラストと一緒にかなり詳しく紹介されています

記事を読む