Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Cristobal Balenciaga記事一覧

Cristobal Balenciaga

Cristobal Balenciaga : クリストバル・バレンシアガは1895年にスペインのバスク地方の漁村ゲタリアに生まれたファッション・デザイナーです。お針子をしていた母の影響で、幼い頃から仕立に興味を持ちました。裁断と縫製は独学。弟子にアンドレ・クレージュなど。⇒クリストバル・バレンシアガの詳細

ピエール・バルマン : Pierre Balmain

エドワード・モリヌーのもとに持ちこんだデザイン画が高い評価を受け、リュシアン・ルロンの店に入りモデリストとして働きました。第2次世界大戦で招集を受け、休戦後は母のブティックを手伝います。

記事を読む

ニコラ・ジェスキエール : Nicholas Ghesquiere

ニコラ・ゲスキエール Nicholas Ghesquiere は、1971年フランスに生まれたファッション・デザイナー。

記事を読む

マドレーヌ・ヴィオネ : Madelaine Vionnet

マドレーヌ・ヴィオネ Madelaine Vionnet は、1876年にフランスのオーベルビリエに生まれたファッション・デザイナー。彼女が考案者として有名なバイアスカットは、それ以前に人類の工夫として存在した可能性が非常に高い。多くの日本人研究者が世界服飾史・西洋ファッション史の本で確証なく繰り返し強調してきた点には、大きな疑惑が存在する。

記事を読む

クリストバル・バレンシアガ : Cristobal Balenciaga

お針子をしていた母の影響で、幼い頃から仕立に興味を持ちました。裁断と縫製は独学。20世紀になり、15歳で独立。セシル・ビートンはスペイン人のクリストバル・バレンシアガを「クチュール界のピカソ」と呼びました。

記事を読む

ミラ・ショーン : ディオールとカルダンの狭間で

ミラ・ショーン Mila Schoen は、1919年、旧イタリア領のユーゴスラビア、ダルマジオのトルーで上流階級の家に生まれたファッション・デザイナー。イタリアのオート・クチュールを代表する女流デザイナーの1人。

記事を読む

ゴーゴー・ブーツ : アンドレ・クレージュの衝撃

ゴーゴー・ブーツ : アンドレ・クレージュの1964年春コレクションは世界中のファッション業界に衝撃を与えましたが、最大の革命だったのは服よりもむしろ靴でした。彼の制作したゴーゴー・ブーツは、踵が低く脹脛(ふくらはぎ)高さのブーツ。白のプラスチック製で、装飾は上部の近くにはっきりした切り抜き溝があるだけでした。

記事を読む

ヤスコ・ウエダ : Yasuko Ueda(上田安子)

1953年3月に渡仏し9月まで、クリスチャン・ディオール社のアトリエで技術研究を行ない、翌4月に日本で初めてオート・クチュール技術とディオールのコレクションを紹介しました。1982年4月に学校法人上田学園を設置し理事長に就任。

記事を読む

チュニック : 貫頭衣との関わりから

チュニックとはほっそりとした筒形シルエットの衣服を指します。腰下や膝丈までのシンプルなドレス、ジャケット、ブラウスが代表的です。今でも丈の長い略式の軍服やカトリックの聖職者がミサ時に着る丈の長い祭礼服をチュニックと呼ぶこともあります。

記事を読む

ブルー・ジーンズの文化史 : リーバイ・ストラウス社監修

ジーンズを愛する人が楽しく書いたのだなと感じる一冊です。、今や最も多く着用される衣料品であり、また、オークションにも頻繁に出品され落札されるヴィンテージ文化の代表的存在でもあります。

記事を読む

Balenciaga: Shaping Fashion / バレンシアガ展覧会

Balenciaga: Shaping Fashion Balenciaga: Shaping Fashion - バレンシアガ : 構成的ファッション展 -...

記事を読む

1 2 3