Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Christian Dior記事一覧

Christian Dior

Christian Dior : クリスチャン・ディオールは第2次世界大戦後の世界のファッション界を10年余にわたって支配したファッション・デザイナー。作品に斬新さはなくリバイバルと販売戦略に長けていました。⇒クリスチャン・ディオールの詳細

ジャン・ルイ・シェレル : Jean-Louis Scherrer

ジャン・ルイ・シェレール Jean-Louis Scherrer は、1935年、フランス生まれ。はじめ古典バレエに興味を持ち、パリの国立音楽演劇学校(コンセルバトワール)に入ったが、のちパリ・オート・クチュール組合経営のクチュール学校で学んだ。1962年にサントノレ通りの地下室に小さな店を持って、デザイン活動を開始した。

記事を読む

マルク・ボアン : ディオール3代目のデザイナー

マルク・ボアン Marc Bohan は、1926年にフランスのパリに生まれた、クリスチャン・ディオール3代目のファッション・デザイナーです。パリのリセ「Lakanal」卒業後の1945年、ロベール・ピゲのもとで修業を積みました。

記事を読む

テッド・ラピドス : Ted Lapidus シルエット作りに定評あり

フランソワーズ・アルディ(Françoise Hardy)、アラン・ドロン、ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)、ジョン・レノンらが彼の作品を購入しました。ビートルズのアルバム『アビーロード』の表紙、先頭を歩くレノンの白色スーツはラピドスがデザインしたものです。

記事を読む

ピエール・バルマン : Pierre Balmain

エドワード・モリヌーのもとに持ちこんだデザイン画が高い評価を受け、リュシアン・ルロンの店に入りモデリストとして働きました。第2次世界大戦で招集を受け、休戦後は母のブティックを手伝います。

記事を読む

メアリー・マクファデン : Mary McFadden

メアリー・マクファデン Mary McFadden はニューヨークに生まれたファッション・デザイナー。ウーマンズ・ウェア・デイリー(WWD)が選んだアメリカのトップ・デザイナー12人中の1人。

記事を読む

ニナ・リッチ : 彫刻家とよばれた優秀な技能

ニナ・リッチ Nina Ricci は、1883年にイタリアのトリノで生まれたファッション・デザイナー。パリのオート・クチュール「ニナ・リッチ」の創業者。

記事を読む

ジャック・ファット : Jacques Fath

1937年に店を開店。1941年にドイツ軍占領下のパリで店を開き、戦時の殺風景な服装に飽き飽きしていた女性たちに新鮮なロマンチックなデザインを提供しました。

記事を読む

ルイ・ヴィトン : 小学生でも持っていたバッグ

ルイ・ヴィトン Louis Vuitton は、スイスとの国境を接するフランスのジュラ県内アンシェイで1821年に生まれたファッション・デザイナー。鞄店を育てて巨大化させました。

記事を読む

ロベール・ピゲ : パリらしいクチェリエ

ロベール・ピゲ : Robert Piguet は、1901年、銀行家の息子としてスイスのイヴェルドンに生まれたファッション・デザイナー。パリ・モードの香りとセンスを謳いあげた、もっともパリらしいクチェリエといわれる。

記事を読む

リュシアン・ルロン : Lucien Lelong

第1次世界大戦に従軍したあと、1919年に両親が経営するクチュール店を継ぐ。洗練された趣味と着ごこちのよさで、1920年~1940年代にわたりフランスのクチュール界をリード。

記事を読む

1 2 3 4 5