Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Christian Dior記事一覧

Christian Dior

Christian Dior : クリスチャン・ディオールは第2次世界大戦後の世界のファッション界を10年余にわたって支配したファッション・デザイナー。作品に斬新さはなくリバイバルと販売戦略に長けていました。⇒クリスチャン・ディオールの詳細

ヴォーグ: VOGUE

ヴォーグ Vogue は1892年にアメリカで創刊したファッション雑誌です。ファッション誌の代名詞になるほど有名な女性雑誌です。ヴォーグ は「流行や人気」の意味をもつことから、この雑誌は文字どおり新しい流行を先取りした流行雑誌ともいわれます。

記事を読む

テッド・ラピドス : Ted Lapidus

フランソワーズ・アルディ(Françoise Hardy)、アラン・ドロン、ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)、ジョン・レノンらが彼の作品を購入しました。ビートルズのアルバム『アビーロード』の表紙、先頭を歩くレノンの白色スーツはラピドスがデザインしたものです。

記事を読む

ユベール・ド・ジバンシー : Hubert de Givenchy

ジバンシーは大胆なスタイルでオート・クチュールを席巻したモードの神童と呼ばれます。1950年代・60年代にはオードリー・ヘップバーン映画の衣装デザインを担当しました。

記事を読む

時代を先取りするスタイルの秘密 : マドンナ Madonna

時代を先取りするスタイルの秘密 : マドンナ『ハーパース・バザー日本版』2006年5月号(通算68号), Harper's Bazaar, May, 2006, No.068

記事を読む

ピエール・カルダン : Pierre Cardin

ピエール・カルダン Pierre Cardin は1960年代に宇宙服のデザインとライセンス戦略でオート・クチュール界を陳腐化させたデザイナー。その軽快で簡潔なデザインはアンドレ・クレージュと並んで称賛されます。無機質な素材を使った幾何学的ラインや大胆で独特なシルエットが特徴です。

記事を読む

イヴ・サン・ローラン : Yves Saint-Laurent

イヴ・サン・ローラン Yves Saint-Laurent は1936年にアルジェリアのオランで生まれたフランス人ファッション・デザイナーです(2008年没)。20世紀後半の世界のファッション・リーダーの1人とされ、ディオール2世やモード界の帝王とよばれたパリのオート・クチュリエ(裁縫師)。

記事を読む

早春のスケッチ : 宮本治江

早春のスケッチ 宮本治江 : 婦人公論 1122号 / お洒落散歩 :クリスチャン ディオール / 撮影 : 細谷秀樹、スタイリング : 原由美子、ヘア&メイク : 永塚克美、モデル : 宮本治江、場所 : 横浜港大さん橋。この春注目のフラワープリントも、ジャケットなら格別に新鮮。今シーズンのテーマ・カラーの一つであるブルーグレイの異素材でまとめたコーディネイト。繊細な刺繍に華やかさが品よく漂って。

記事を読む

ジョン・ガリアーノ : John Galliano

ジョン・ガリアーノ : 1960年にイギリス領ジブラルタルに生まれたファッション・デザイナーです。クリスチャン・ディオールの主任デザイナーを1996年から2011年まで務めました。2014年からは、マルタン・マルジェラのクリエイティブ・ディレクターを務めています(2017年現在)。

記事を読む

フィオナ・キャンベル・ウォルター & アン・ガンニング

学生にお気に入りのモード写真を紹介されて、1940年代とも50年代とも思えるし、スーツがディオールのかなとも思って興味が出たので調べてみました。パイピングが格好いいです。この写真は、フィオナ・キャンベル・ウォルターとアン・ガンニングの着るテイラード・スーツを主題にしたものです。

記事を読む

モードとファッション : 途上国日本のファッション文化

モードとファッション : このページではフランス語と英語を参照して、モードとファッションの関係を考えています。現代からみて、モードに高級なファッション、ファッションに俗的なファッションを当てはめるのは妥当でしょうか…。21世紀が Mode or Fashion を乗り越えたとしても、Mode and Fashion は未だにカオスにいると思います。結論付けは難しいのですが、皆さんと一緒に考えたいと思います。

記事を読む