Christian Dior記事一覧

Christian Dior

Christian Dior : クリスチャン・ディオールは第2次世界大戦後の世界のファッション界を10年余にわたって支配したファッション・デザイナー。作品に斬新さはなくリバイバルと販売戦略に長けていました。⇒クリスチャン・ディオールの詳細

早春のスケッチ : 宮本治江

早春のスケッチ 宮本治江 : 婦人公論 1122号 / お洒落散歩 :クリスチャン ディオール / 撮影 : 細谷秀樹、スタイリング : 原由美子、ヘア&メイク : 永塚克美、モデル : 宮本治江、場所 : 横浜港大さん橋。この春注目のフラワープリントも、ジャケットなら格別に新鮮。今シーズンのテーマ・カラーの一つであるブルーグレイの異素材でまとめたコーディネイト。繊細な刺繍に華やかさが品よく漂って。

記事を読む

目でみる女性ファッション史 : 青木英夫・メイS青木

目でみる女性ファッション史 : 本書は1858年から1975年初頭までを扱った西洋ファッション史です。文字サイズが大きめなので読みやすく、白黒ですが写真が多いので楽しく読めます。フレデリック・ワース以後のデザイナーと作品を中心に、同時代の資料(とくにファッション・プレートや雑誌など)を主に用い、社会的背景を眺めながら述べています。

記事を読む

デザイナー designer : 言葉の意味とその変遷

デザイナー designer とは設計、意匠、計画などの意味を持つデザイン業をする人(設計師)。ファッションの分野においては、印象や主張を衣服の形態として具現化させる役割を果たします。古来から人間は衣服を設計し裁縫してきました。19世紀フランスではその工程が分化し、設計部門(デザイン部門)が肥大化し始めました。そしてデザイナーが独立職(独立色)を強め、主導的立場になっていきました。

記事を読む

トータル・ルック : あなたが一番好きなのは?

お気に入りの広告写真を紹介しています。時代遅れ感の素材を使ったトータル・ルック : ベルベット、ウール、毛皮、皮革などを使った古風なファッションを集めています。「ヴォーグ」誌フランス版、2007年8月号(通算879号)に掲載されました。2010年くらいからストッキングよりも靴下を穿く女性が増えてきたように思います。今でもオシャレに見えるヴィンテージ感溢れる衣装をモデルの表情とともにご紹介します。

記事を読む

オート・クチュール : 自作自演の自称アート集団

オート・クチュールはフランス語で、日本語では「高級仕立店」や「高級衣料品」の意。狭義には「La Chambre Syndicale de la Couture Parisienne」に加盟し、組合規定の規模や条件を備えて運営されていた企業・店舗をさします。

記事を読む

フィオナ・キャンベル・ウォルター & アン・ガンニング

学生にお気に入りのモード写真を紹介されて、1940年代とも50年代とも思えるし、スーツがディオールのかなとも思って興味が出たので調べてみました。パイピングが格好いいです。この写真は、フィオナ・キャンベル・ウォルターとアン・ガンニングの着るテイラード・スーツを主題にしたものです。

記事を読む

時代を先取りするスタイルの秘密 : マドンナ Madonna

時代を先取りするスタイルの秘密 : マドンナ『ハーパース・バザー日本版』2006年5月号(通算68号), Harper's Bazaar, May, 2006, No.068

記事を読む

NO IMAGE

ワ行のファッション用語

ワ行のファッション用語をまとめています。

記事を読む

NO IMAGE

エから始まるファッション用語

エから始まるファッション用語をまとめています。

記事を読む

NO IMAGE

トから始まるファッション用語

トから始まるファッション用語をまとめています。

記事を読む