シャネルの伝記記事一覧

シャネルの伝記

シャネルの伝記 : シャネルの創業者であるガブリエル・シャネルに関する伝記にこのタグを付けています。彼女の作品も人気がありますが、実は彼女の人生に共感を覚える女性がたくさんいます。女性一人という孤独にシャネルはどう向き合ったのでしょうか。元気づける1冊に出会えることを祈ります! シャネルの伝記は2018年に入ってから集中的に読み、2月下旬に一気に書評に仕上げました。その日記は「February 21, 2018 : シャネルの伝記10冊の書評書き」に書いています。あわせてお読みください。
シャネルの伝記

晶子とシャネル / 山田登世子

晶子とシャネル : 本書はフランス文化史の山田登世子が20世紀前半の女性史上で大きな役割を果たした与謝野晶子とガブリエル・シャネルを論じた本です。それぞれの得意とした文学とデザイン、そして彼女たちの人生から戦前の社会史を紐解いています。分量的には晶子の方が1.5倍ほど。その意味ではフランス研究者の日本文学史として新鮮でもありました。

記事を読む

ココ・シャネルの星座 / 海野弘

ココ・シャネルの星座 : 本書は1920年代パリでのガブリエル・シャネルの交流を捉えた伝記です。雑誌「マリ・クレール」の連載をまとめたものです。当時のパリではパブロ・ピカソ、ジャン・コクトー、ミシア・セール、ルキノ・ヴィスコンティたち芸術家が活躍していました。本書は選ばれた12人の芸術家たちから見たシャネルの評伝です。

記事を読む

ココ・シャネル その寂しさ / クロード・ドレ

ココ・シャネル その寂しさ : 本書は作家・精神分析家のクロード・ドレが書いたガブリエル・シャネルの伝記です。シャネルの最後の10年間を著者は交流しました。精神分析家の著者らしくシャネルとの交流を通じて彼女の内面に入っていきます。類書の中で特徴づけるとすれば≪シャネルを通じた戦前文化史≫といったところでしょうか。

記事を読む

シャネルの警告 永遠のスタイル / 渡辺みどり

シャネルの警告 永遠のスタイル : 本書はガブリエル・シャネルの伝記で、類書よりもかなり簡潔に記したものです。本書の意図は21世紀を担う人々にファッション・デザイナーや実業家として珍しい成功をおさめたシャネルを学んでほしいという願いにこめられています。

記事を読む

ココ・シャネル 悲劇の愛 / ソフィ・トゥルバック

ココ・シャネル 悲劇の愛 : 本書はガブリエル・シャネルの青春時代に絞った伝記風の小説です。類書の伝記はシャネルの生涯全体を捉えようとするものが多いのですが、本書はタブーや謎とされて来た若き日々のシャネルを詳しく小説として描いています。中でも特にフランス人将校のエチエンヌ・バルサンやイギリス人実業家のアーサー・カペルとの恋愛を瑞々しく描いています。

記事を読む

シャネル ザ・ファッション / エドモンド・シャルル=ルー

シャネル ザ・ファッション : 本書は作家シャルル・ルーの書いたガブリエル・シャネルの伝記です。これまで出版されていた類書、たとえばマルセル・ヘードリッヒ「ココ・シャネルの秘密」やポール・モラン「獅子座の女シャネル」を超えてシャネルの真実にギリギリの所まで迫ろうとした意欲作です。

記事を読む

ファッションデザイナー ココ・シャネル / 実川元子

ファッションデザイナー ココ・シャネル : 本書はシャネルを描いた伝記で、彼女が着やすく軽快でシンプルな服を作ったのは女性たちの身体だけでなく心までも解放したという観点に立っています。そして、シャネルの人生を知ることで、ファッション・デザイナーがダイナミックで創造的な活動をしている点を分かりやすく説明しています。

記事を読む

ココ・シャネルの秘密 / マルセル・ヘードリッヒ

ココ・シャネルの秘密 : 本書はシャネル晩年のインタビューをもとに記した伝記です。著者のマルセル・ヘードリッヒはサムディ・ソワール誌発刊、パリ・プレス紙記者、マリ・クレール誌編集長などを歴任したジャーナリスト・小説家です。訳者の山中啓子は元「エル・ジャポン」パリ支局長を務めたジャーナリスト、エッセイスト。

記事を読む

獅子座の女シャネル / ポール・モラン 秦早穂子訳

獅子座の女シャネル : 本書はフランスの小説家・外交官であったポール・モランの遺作で、1947年にスイスでガブリエル・シャネルと会話した聞き語りをモラン自身がまとめたものです。直接会話した内容がたくさん入れられているのでシャネルの生き方や考え方がかなり明確に出ています。

記事を読む

シャネル 20世紀のスタイル / 秦早穂子

シャネル 20世紀のスタイル : 本書はフランス文化関係の本をたくさん翻訳してきた秦早穂子自身が書いたシャネルの伝記です。シャネルの伝記だけでも2冊を訳しています。ポール・モランとエドモンド・シャルル・ルーの書いた伝記を訳していくうちに、著者はシャネルの虜になったと言います。

記事を読む