モード史を学ぶマストブック10冊

映画「2046」

人物と企業

ウィリアム・チャン(張叔平):王家衛映画のデザイナー

ウィリアム・チャン(張叔平)は香港を代表する美術監督。ウォン・カーウァイ(王家衛)の作品に大きな貢献をしてきた衣装デザイナーで、台湾女優のブリジット・リン(林青霞)が唯一安心できる衣裳担当としても知られます。
2019.06.07
日記

ウォン・カーウァイ映画に出演したキャスト一覧

ウォン・カーウァイ監督の映画に出演したキャストを写真入りで紹介しています。縦に俳優名、横に作品名を公開順に並べています。俳優の写真は全部同じものばかり使っている点、ご了承ください。いずれもウォン監督作品からのキャプチャです。
2019.06.07
人物と企業

トニー・レオン(梁朝偉):王家衛監督の評価は「目だけで語れる男」

トニー・レオンは1962年6月27日、中国・広東省に生まれた映画俳優です。香港の貴重な映画スターで世界的に有名です。ウォン・カーウァイ作品では最多出演を誇る常連で、トニー・レオンに対するウォン監督の評価は「目だけで語れる男」。
2019.03.23
人物と企業

カリーナ・ラウ(劉嘉玲):さまざまな温度差を表現できる器用な女優

カリーナ・ラウ(劉嘉玲)は1965年12月8日に中国江蘇省蘇州市に生まれた映画女優です。1980年に香港へ移住。さまざまな温度差を表現できる器用な女優で、年を経ない顔立ちが印象的。トニー・レオンの実際の恋人で共演も多いです。
2019.03.23
人物と企業

コン・リー(鞏俐):運命的な悲劇を演じれば天下一品の女優

コン・リー(鞏俐)は1965年12月31日に中国・遼寧省瀋陽市に生まれた女優です。チャン・イーモウ育ちで、運命的な悲劇を演じれば天下一品の女優。「中国の山口百恵」といわれました。1997年にカンヌ国際映画祭の審査員を務めました。
2019.03.23
人物と企業

ウォン・カーウァイ(王家衛):雑踏のミスや孤独を描く

ウォン・カーウァイ(王家衛)は1958年7月17日に上海で生まれた映画監督です。ショート・ストーリーに長け「都会の中のすれ違い」や「群衆の中の孤独」をテーマにした名作がいくつかあります。このページでは経歴やフィルモグラフィーをまとめています。
2019.06.07
人物と企業

マギー・チャン(張曼玉):ウォン・カーウァイ映画必須女優

マギー・チャンは中学校卒業後に香港に戻り、モデル業をはじめて雑誌やコマーシャルに出演しました。無垢な少女から艶やかな女性まで、いろんな輝度を出せる女優として成長していきました。出演映画は100本近くを数え、受賞した賞も数え切れません。女優ではウォン・カーウァイ作品最多出演を誇る常連になりました。
2019.06.15
日記

ラウ・イーチョン(劉以鬯)氏のご冥福を祈ります

私が大学院入学以来、ずっと目標にしてきた作家、ラウ・イーチョン (劉以鬯, Liu Yichang ) が昨晩、99歳でなくなりました。劉以鬯は香港の小説家。特に短編を軸に、 ウォンカーウァイ(王家衛 )監督映画の『花様年華』『2046』の原作にもなるなど、中華圏や東南アジアで人気を誇りました。
2019.06.07
人物と企業

チャン・ツーイー(章子怡):チャン・イーモウ育ちの小鞏俐

チャン・ツーイー(章子怡)は1979年に中国の北京に生まれた映画女優です。さまざまな役柄をこなせる演技力抜群の女優。ウォン・カーウァイ監督作品で初参加となった「2046」では20代女性の強さと脆さを極限まで表現。
2019.06.15
映画批評

2046(王家衛映画):概要から舞台裏や衣装まで解説

2046 2046 は2004年に公開されたウォン・カーウァイ(王家衛)監督の映画で、一部は前作「花様年華」を引き継いでいます。原作は、短編を得意とする香港の小説家ラウ・イーチョン(劉以鬯, Liu Yichang)の『酒徒』。美術・衣装担当はウィリアム・チャン(張叔平)、カメラ撮影はクリストファー・ドイル(Christopher Doyle)、クヮン・プン・レオン(Kwan Pun Leung)、ライ・イゥファン(Lai Yiu-fai)。
2019.06.07
人物と企業

フェイ・ウォン(王菲):映画「恋する惑星」でみせた天性の演技力

1969年8月8日、中国・北京に生まれる。父は工場のエンジニアで労働条件が過酷だった。母もソプラノ歌手で歌い回りが多く、家族が一緒に時間を過ごすことが少ない家庭状況だった。しかし、彼女の隣人にフェイ・ウォンを可愛がってくれ自分も慕う女性がいた。
2019.06.16
footer-insert.php