新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

モではじまるスタイル用語 : あなたのお気に入り

モではじまるスタイル用語

モではじまるスタイル用語 : ファッション用語で「~スタイル」「~ルック」「~ファッション」「~調」「~風」と称される衣装や流行について簡潔に説明しています。あなたお気に入りの衣装の特徴や流行のパターンを見つけて下さい。見出しに言語指定がない場合は英語・米語です。

モではじまるスタイル用語 : スタイル用語集 | モードの世紀

モではじまるスタイル用語 : スタイル用語集 | モードの世紀

モッズ・ルック : mods look

1960年代初頭、ロンドンに出現したモッズ(モダン・ジャズ)という若年層たちの服装。テディ・ルックの次に出現し、リーバイスのジーンズ、ポロ・シャツ、丈の短い3つボタンのジャケット、米軍払下げパーカ、デザート・ブーツなど。この上でイタリア製の派手な柄のスクーターを乗り回すのが象徴的。

モトクロス・ファッション : moto-cross fashion

オートバイ(モトクロッサー)で山野を駆け巡り速度と技術を競うスポーツ(モトクロス)をヒントにした服装。丈夫な素材を使ったブルゾン、パーカ、ジャンプ・スーツ、トレーナーなど。カラフルなワッペンやバッジ、原色の配色や文字デザイン(レタード)やアップリケや文字プリントなどに凝る。

モンドリアン・ルック : Mondrian look

オランダの抽象画家モンドリアンの作品にみられる構図を採り入れた衣装。1965年にイブ・サンローランが発表。膝丈でHラインのワンピース。

モンドリアン・ドレス : イヴ・サンローラン
モンドリアン・ドレス : イヴ・サンローラン / イヴ・サンローランが1965年に発表したドレスです。このドレスは画家から着装を得たのでモンドリアン・ドレスと呼ばれます。『ヴォーグ』フランス版1965年9月号の表紙に掲載されました。このドレスの配色は5色ですから多いと言う印象です。

あなたのお気に入りを探す

スタイル用語集
しんいちをフォローする
Facebookでフォロー
この記事が気に入ったら最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
プロフィール
この記事を書いた人
しんいち

岩本真一(いわもと・しんいち)1970年奈良県生まれ。近畿圏の大学で経済史や社会史を教えています。アパレル産業史を研究する傍ら、ファッションに関する文化史・哲学的なサイト「モードの世紀」を運営してきました。姉妹サイトに「ミシンの世紀」、著書に『ミシンと衣服の経済史』。

しんいちをフォローする
モードの世紀

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php