ファッションやモードの歴史を知るマスト本はこれだけ!

ホではじまるスタイル用語

ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン スタイル
ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.
この記事は約4分で読めます。

ファッション用語で「~スタイル」「~ルック」「~ファッション」「~調」「~風」と称される衣装や流行について簡潔に説明しています。あなたお気に入りの衣装の特徴や流行のパターンを見つけて下さい。見出しに言語指定がない場合は英語・米語です。

ボーイ・スカウト・ルック : Boy scouts look

ボーイ・スカウトの制服をヒントにした服装。カーキ色のツバの広い帽子、ネッカチーフ、同色のシャツと短パン、二―・ソックスの組み合わせが基本。

ボウリング・ルック : bowling look

1960年代に流行したボウリングをヒントにした服装。緩めのポロシャツを原型に、配色や背中のロゴ・プリントを特徴にするボウリング・シャツが基本。

Amazon.co.jp: bowling shirt: ファッション
ファッション の優れたセレクションでオンラインショッピング。

ホット・クチュール・ルック : hot couture look

アヴァンギャルドなファッション・デザイナーが展開する、型破りな衣装。縫目を外側に出して手作り感を醸し出すのが定番。帽子、バッグ、マフラーなどに多用される。

ボディ・フリーク・ルック : body freak look

ボディ・コンシャスのフリーク(熱狂)な服装。ボディ・ラインにこだわり、大きなバストとくびれたウエストを強調するのが基本で、1990年代に注目された。

Amazon.co.jp: body conscious: ファッション
ファッション の優れたセレクションでオンラインショッピング。

ボトム・アウト・ルック : bottom out look

シャツのボトム(裾)をパンツから外に出して着ること。1984年頃から若年層に広がった。当初はアバンギャルドのイメージも兼ねていたが、現在では着用層の年齢幅が広がり、ラフでルーズな着心地ゆえに幅広い支持を得ている。アウター・ボトム・ルック、オーバー・ボトム・ルックともいわれる。

ボニー・ルック : bonnie look

1930年代の大恐慌時代アメリカを舞台にした映画「俺たちに明日はない」(1968年)のフェイ・ダナウェイ扮する女性主人公ボニーをヒントにした服装。ミディ・スカート、ロング・カーディガン、シンプルなテーラード・ジャケット、Vネック・セーター、ベレー帽などが基本アイテム。全体的にロングでナローなシルエット。やや退廃的なムードの女性らしさを出す。サーティーズ・ルックの一種。

俺たちに明日はない [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
俺たちに明日はない

ボヘミアン・ルック : Bohemian look

チェコスロバキアの西部ボエミアの住人(ボヘミアン)のように、自由な放浪生活をするジプシーや世間の習慣に縛られない自由な芸術家をモデルにした服装。そこから

  • ジプシー・ルックのこと
  • 1920年代のパリやベルリンのボヘミアンたち(アーティスト、ライター、ミュージシャンなどの異邦人の服装

に大別される。後者の場合、貧乏だが粋で独創的な服装が多かった。

前者の場合、中近東からヨーロッパ南部にかけて放浪する漂泊民族(ジプシー)をヒントに、ペザント風ブラウスにボレロ、サッシュ・ベルト、ショールやストールなどで構成。中近東、スペイン、バルカン半島などに暮らしてきた多くの民族要素を含む。

Amazon.co.jp: Bohemian - レディースファッション / レディース: ファッション
トップス, ワンピース・ドレス, インナーウェア・ルームウェア, ファッション小物, 水着・オーバーウェア, コート・ジャケット の優れたセレクションからの ファッション のオンラインショッピングなどを毎日低価格でお届けしています。

ポペリスム : paupérisme(フランス語)

ポペリスム(貧乏)な状況を想像させる服装。シャビー・ルック、グランジ・ルック、フリー・マーケット・スタイルと同義。1990年代初頭の世界不況に端を発するといわれる。

ホーボー・ルック : hobo look

渡り労働者(ホーボー)をヒントにした服装。全体的にゆったりしたシルエットで、シャツ・オン・シャツのような重ね着に特徴。広幅のパンツが代表的で、洗いざらし感覚のコットン生地などラフな素材を多用。

ボールド・ルック : bold look

ボールド(大胆な・勇ましい)男性を思わせるような服装。1940年代後半から1950年代前半にいたる時期を念頭。スーツが特徴的で、肩幅、ラペル、ネクタイの幅が広く、肩をいからせ、派手な色調や大胆なストライプになっている。

ボンデージ・ルック : bondage look

フェティシズム・ルックの代表。ボンデージ(拘束・束縛・マゾ役)用の衣装で、身体を無理に締めつけるレザーやエナメル素材のパンツ・スーツと編みあげブーツが基本。ヴィヴィアン・ウエストウッドが積極的に取り入れ、パンク系のファッションがその典型となった。ミシェル・ファイファーの主演した映画『バットマン・リターンズ』でのキャット・ウーマンの衣装は典型的なボンデージ・スーツ。詳しくは「フェティシズム : fetishism」を参照。

ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン

ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.

ボンド・ルック : Bond look

ショーン・コネリーを主演に1960年代半ばから続いたシリーズもののイギリス映画「007」をヒントにした服装。ワイド・スプレッド・カラーのドレス・シャツ、サイド・ベンツのコンチネンタル・モデルのスーツ、黒色のニット・タイが基本。

お気に入りを探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php